全54部門におよぶランキングでAVの今がまるっと分かる!

 オーディオ・ビジュアルの専門誌である月刊『HiVi』の大人気企画「冬のベストバイ2018」を掲載した12月号が11月16日に発売となりました。Stereo Sound ONLINEは同日に特設ページをオープンし、54部門とサブカテゴリー2ジャンルでそれぞれ第1位に選出されたモデルを紹介しました。

https://online.stereosound.co.jp/_ct/17229502

 そして、今回は特設ページの内容をさらに充実させ、全部門5位までのランキングと、3位までの選者のコメントを掲載しました。オーディオ・ビジュアルに精通したプロの評論家が選んだ、今イチオシの製品を要チェックです!

 

本日 2018年12月17日(月)は、以下16部門+2サブカテゴリーの詳細ランキングを発表

▼ディスプレイ部門

画像1: 本日 2018年12月17日(月)は、以下16部門+2サブカテゴリーの詳細ランキングを発表

ディスプレイ部門(1)〈液晶、50型以下〉
ディスプレイ部門(2)〈液晶、51型以上60型以下〉
ディスプレイ部門(3)〈液晶、61型以上〉
ディスプレイ部門(4)〈有機EL、60型以下〉
ディスプレイ部門(5)〈有機EL、61型以上〉

▼プロジェクター部門

画像2: 本日 2018年12月17日(月)は、以下16部門+2サブカテゴリーの詳細ランキングを発表

プロジェクター部門(1)〈50万円未満〉
プロジェクター部門(2)〈50万円以上101万円未満〉
プロジェクター部門(3)〈101万円以上〉
サブカテゴリー スクリーン
サブカテゴリー HDMIケーブル

▼ビデオプレーヤー/ビデオレコーダー/カメラレコーダー部門

画像3: 本日 2018年12月17日(月)は、以下16部門+2サブカテゴリーの詳細ランキングを発表

ビデオプレーヤー部門
ビデオレコーダー部門
カメラレコーダー部門

▼AVセンター部門

画像4: 本日 2018年12月17日(月)は、以下16部門+2サブカテゴリーの詳細ランキングを発表

AVセンター部門(1)〈6万円未満〉
AVセンター部門(2)〈6万円以上10万円未満〉
AVセンター部門(3)〈10万円以上25万円未満〉
AVセンター部門(4)〈25万円以上〉
サラウンドシステム部門

 

※残りの部門は、12月18日(火)、19日(水)に公開いたします。

 

 なお、5位までの選者コメントや全ランキング、選考を終えた各評論家による総括などはHiVi本誌2018年12月号に掲載しているので、こちらも合わせてご覧ください。

This article is a sponsored article by
''.