ソニーピーシーエル(以下、ソニーPCL)が、この2月より新たに開設した映像制作の新たな拠点となる「清澄白河BASE」が本日3月28日、報道陣に公開された。

 清澄白河BASEは、麻倉怜士氏のインタビュー記事にもあるように、ソニーの誇る高輝度LEDディスプレイ「Crystal LED Bシリーズ」を常設設置した、国内初のバーチャルプロダクションスタジオとなる。

▼関連記事「日本初の常設バーチャルプロダクションスタジオが、いよいよ稼働! ソニーPCLが運営する「清澄白河BASE」の詳細を探る:麻倉怜士のいいもの研究所 レポート70」

 そのディスプレイは、横15.2m×高さ5.4m、画面サイズにしておよそ635インチ。画素ピッチは1.58mmとなり、総ピクセル数は9600×3456にて、高精細・高輝度な8K映像を表示することが可能。グリーンバック撮影による後工程での背景合成作業を、リアルタイムに行なえるのが特徴となる。

画像: ディスプレイの曲率は5度だそうで、ほかに3度、平面での設置も可能という

ディスプレイの曲率は5度だそうで、ほかに3度、平面での設置も可能という

画像: 画素ピッチは1.58mm

画素ピッチは1.58mm

 天井には、7m×7mの正方形の、照明も兼ねたLEDパネル(1008×1008ピクセル)も設置されており、車のような表面に映像が映り込む素材の撮影においても、背景のCrystal LED Bディスプレイと合わせ、自然な映り込みを可能としている。

画像: 天井のLEDディスプレイ。黒く見える点がカメラの位置を検出するセンサー

天井のLEDディスプレイ。黒く見える点がカメラの位置を検出するセンサー

 なお、その天井部分(LEDパネル、およびそのLEDパネルを外れた部分)には、撮影用カメラの動きを把握するためのセンサーが組み込まれており、そのセンサーからの信号を、カメラ上部に設置したセンサーで受信。カメラ下に設置した機械でリアルタイムにモニタリングし、フロア後方にあるコントロールエリアのUnreal Engineによって、カメラの動きと同期させた映像を、Crystal LED Bディスプレイ(+天井LEDディスプレイ)に表示させるようになっている。

画像: カメラの上部に設置された位置検出用のセンサー受光部

カメラの上部に設置された位置検出用のセンサー受光部

 すでに、MVやCM撮影、オンラインミーティングなどでの活用実績もあるそうで、ソニーグループの持つエレクトロニクス技術と、同社の映像制作に関するソリューションを組み合わせて、新たな映像表現を可能にする拠点として、日本国内のみでなく、広く世界へ向けてサービスを展開していきたい、としている。

画像: ソニーPCLが新たな映像制作の拠点となる「清澄白河BASE」を報道陣に公開。635インチのディスプレイは圧倒的な実在感で迫ってくる
画像: 発表会では、実際に映像を表示しての映像合成のデモも行なわれた。左にあるディスプレイには、カメラスルーの映像が表示されている

発表会では、実際に映像を表示しての映像合成のデモも行なわれた。左にあるディスプレイには、カメラスルーの映像が表示されている

画像: 天井にもLEDディスプレイがあるので、車のような周囲の風景が映り込む素材でも、自然な合成が可能というデモ

天井にもLEDディスプレイがあるので、車のような周囲の風景が映り込む素材でも、自然な合成が可能というデモ

画像: フロア後方に設置されているコントロールブース。右のシステムでCrystal  LEDに表示する映像を制御している。中央は、メディアサーバーの管理用PC

フロア後方に設置されているコントロールブース。右のシステムでCrystal LEDに表示する映像を制御している。中央は、メディアサーバーの管理用PC

画像: 控室も完備

控室も完備

画像: シャワー室を備えたメイクルームもあり

シャワー室を備えたメイクルームもあり

▼関連記事「ソニーPCLが「清澄白河BASE」を開設。Crystal LEDのバーチャルプロダクションスタジオやデジタルシネマカメラなどの先端技術を使い、新たな映像表現手法の発信拠点を目指す」

This article is a sponsored article by
''.