ラッカー盤のカッティングからプレスまで、音そのもののために一切の妥協を排し、音を追い込んで作り上げるステレオサウンドの「アナログレコードコレクション」。このシリーズに薬師丸ひろ子『Cinema Songs』が加わります。

『Cinema Songs』は2016年に発売された薬師丸ひろ子にとって初の映画音楽集。1981年に主演映画『セーラー服と機関銃』の主題歌で歌手デビューを飾った彼女にとって、歌手生活35周年を記念するこのアルバムを、CD用とは異なる新規マスターを採用してアナログLP化してお届けします。

「アナログレコードコレクション」シリーズの多くでカッティングを担当している日本コロムビアのチーフエンジニア武沢茂氏が本作でも腕をふるい、薬師丸ひろ子の歌声の魅力を存分に引き出しています。

気になる発売日は3月31日、ステレオサウンドストアでは本日より予約受付がはじまりました。また、作品についても詳しくご紹介しておりますので、ぜひステレオサウンドストアで情報をチェックしてみてください!

▼薬師丸ひろ子『Cinema Songs』のご予約はこちらから
https://www.stereosound-store.jp/fs/ssstore/3130

This article is a sponsored article by
''.