石井伸一郎 @ Stereo Sound ONLINE

いしい しんいちろう:1934年福島生まれ。石井式リスニングルームの提唱および設計者。1957年、松下電器産業(現パナソニック)に入社し、スピーカーやアンプなどの設計を担当。「テクニクス」ブランド第一号のスピーカー「テクニクス1」やリニアーフエーズスピーカー「Technics7(SB7000)」および「テクニクス」ブランド最初のアンプ真空管式OTLアンプ「テクニクス20A」、世界最初の「パラメトリックイコライザー」SH9090などの製品を世に送り出す。スピーカーとアンプに帰還をかけるMFBの研究を行ない、加速度帰還と速度帰還と振幅帰還を組合わせてスピーカーの特性を自由に制御する理論を確立した。1980年、石井式リスニングルームの基本となる論文を日本音響学会と米国AESで発表、ルーカス社のスカイウオーカーランチスタジオに採用される。また世界初の「ホームTHXシステム」の開発をルーカス社のトム・ホルマン氏と行なっている。松下電器退職後はリスニングルームの音響研究をライフワークとして精力的に活動中で、これまでに手がけた石井式リスニングルームは全国で70以上を数える。ラジコングライダーとスキーが趣味。
No Contents

通販サイト

オーディオファイルお勧めの商品が盛り沢山!
Order from outside Japan

人気記事

 
 

This article is a sponsored article by
''.