画像: 今夏「Beats」ブランドから、ノイズキャンセリング機能搭載・完全ワイヤレスイヤホン「Beats Studio Buds」が発売!

 今夏「Beats」ブランドから、ノイズキャンセリング機能搭載・完全ワイヤレスイヤホン「Beats Studio Buds」が発売される。価格は¥17,800(税込)。本体カラーはBeatsレッド、ブラック、ホワイトの3色が用意される。

 「Beats Studio Buds」はイヤーパット1個につき約5グラムという軽量設計が特徴で、音響ノズルはレーザー加工により小さなベントを施し鼓膜への圧力を軽減しているのも見逃せない。

 8.2mmドライバーは2枚の振動板を採用し、デュアルチャンバーによる音響構造により理想的な音を実現しているという。Apple Musicのサブスプリクションの登録ユーザーは、ドルビーアトモスで制作(ミックス)された曲を、いま注目の「空間オーディオ」で楽しめるのも特徴だ。

 リスニングモードはANC(アクティブノイズキャンセリング)モードと外部音取り込みモードの2種類。AppleデバイスとAndroidデバイスにワンタッチでペアリングできる機能を初搭載しているのも歓迎される。また、本機はiOSデバイスの「探す」、Androidデバイスの「端末を探す」の両方に対応した初めてのBeats製品となる。マイクを合計6個搭載し、外部の取り込み音や通話機能に対応している。

画像: Beats Studio Buds  ¥17,800(税込)

Beats Studio Buds ¥17,800(税込)

Beats Studio Budsの主なスペック

接続:Bluetooth 5.2

寸法/質量:イヤーパッド W21.6✕H15.6✕D19.8mm/5.1g(1個)

充電ケース W73✕H51.5✕D25.6mm/48g

バッテリー

◯ANC/外部音取り込みモードがオフの場合=最大24時間の再生が可能

イヤーパッド単体=8時間、ケース使用により2回の充電が可能

◯ANCがオンの場合=最大15時間の再生が可能

イヤーパッド単体=5時間、ケース使用により2回の充電が可能

Fast Fuel機能=5分間の充電で最大1時間の再生が可能(ANCがオフの場合)

同梱物 
Beats Studio Buds、充電ケース、USB C-USB C充電ケーブル、イヤーチップ(S/M/L)、製品マニュアル

This article is a sponsored article by
''.