2014年にデビューしたノタルが、前代未聞の新体制で初のワンマン「notall Revolution -新メンバー100人ってマジ?-」を渋谷WOMBにて開催した。

画像1: notall/ぶっ飛んだ新体制を初披露。ノタFES 2019を音霊で開催も発表!

 デビュー当初から、グループ名や楽曲、衣装などあらゆるものを募集して活動するほか、CDを売るのをやめ0円CDリリースや、常に常識に囚われない独自の活動を続けてきた彼女たちは、今年3月に初のメンバー脱退をきっかけに新体制として新メンバー100人構想を宣言していた。

画像2: notall/ぶっ飛んだ新体制を初披露。ノタFES 2019を音霊で開催も発表!

 誰もが想像できない体制での本編が始まると、会場は一気にボルテージを上げ、バックダンサーやコンサーティーナ奏者、AKB48の元メンバー松井咲子らが続々登場し曲ごとに新たなメンバーを披露した。松井咲子が演奏したピアノバージョンのHAPPY DAYSは、どこか切なさも混じった新たな魅力の楽曲として披露し会場をしっとりと浸らせた。

画像3: notall/ぶっ飛んだ新体制を初披露。ノタFES 2019を音霊で開催も発表!

 本編後半で披露した新曲の「あふれゴリラ」では、募集して集まった「おじさん」をダンスメンバーに迎えゴリラのポーズをさせながら、自身が作詞作曲しプロデュースしたという田崎礼奈がソロで歌いあげ会場に笑いに誘い盛り上げた。

画像4: notall/ぶっ飛んだ新体制を初披露。ノタFES 2019を音霊で開催も発表!

 公演中サプライズ発表として、本公演のみの企画楽曲だと思っていた「あふれゴリラ」を6月にデジタル配信を発表したほか、6月29日(土)に5周年ワンマンの開催や、9月1日にはOTODAMA SEA STUDIOにて2回目となる主催イベント「ノタFES 2019 in OTODAMA SEA STUDIO」を発表すると会場から大きな歓声が上がった。

 今回の前代未聞な取り組みのパフォーマンスはエンターテイメントの幅を広げていく事に加え「ノタFES 2019」を作り上げる布石なのかも知れない。

メンバーの脱退を期に新たな挑戦を始めたnotall。この夏、どう進化していくのか要注目だ。

notall http://www.notall.jp/
佐藤遥 https://twitter.com/haruka26s
片瀬成美 https://twitter.com/knrmy2
田崎礼奈 https://twitter.com/tasaki0308?lang=ja

This article is a sponsored article by
''.