miwaのMV「RUN FUN RUN」でパルクールばりの見事なランニングを魅せた新鋭大原梓。地元・福岡ではモデルとして活動し、「福岡の宝石 糸島の輝き」と形容される美貌を以て今春、女優を目指して上京。早々に、MV出演を果たして話題を呼んだ彼女が、今度はグラビアに挑戦することが分かった。ここでは、今後の活躍に期待が集まる新鋭・大原梓にインタビューした。

――まずは、芸能活動を始めたきっかけを教えてください。
 幼い頃習っていたクラシックバレエやピアノ、学生時代に行なっていたフルートのおかげで、人前でなにかを表現することが好きになり、サロンモデルの活動を始めたんです。
 そして、ちょうど高校一年ぐらいのときに、テレビや雑誌で活躍されるローラさんに憧れを抱くようになって、私もやってみたいと思ったのがきっかけですね。本当にかっこよくて、キラキラしていたので、ものすごく憧れました。

――ちょうど、同じ事務所の先輩でもある今田美桜さんが、「福岡で一番かわいい子」というキャッチフレーズで注目を浴びていた頃ですね。
 そうなんです。よくテレビや雑誌で見ていました。当時は、まさか同じ事務所に所属することになるとは思っていなかったので、すごくうれしいです。

――高校卒業後は?
 芸能界に進みたいという希望を叶えるために、地元の専門学校のモデル・タレントコースに通っていました。今年1月に今の事務所にスカウトしていただき、本格的に女優の道に進もうと決めて上京しました。

――女優を決意したのは?
 専門学校で演技レッスンを受けた時に、(演技って)すごく楽しいなって思えて、興味がわいてきたんです。その後、ドラマ「花のち晴れ?花男 Next Season?」に出演していた今田美桜さんの喜怒哀楽の切り替えが激しい演技を見て衝撃を受け、今田さんに憧れるようになりました。実は先日初めてお会いする機会がありまして、緊張している私に優しく声をかけてくださり、とても優しい方でした。

【関連記事 https://online.stereosound.co.jp/idollove/17171127

――事務所に所属して、まずはmiwaさんのMVに出演されました。
 年が明けて、誕生日の前に、名古屋と東京で撮影しました。名古屋のウィメンズマラソン2019のテーマソングでしたので、撮影ではずっと走っていましたけど、楽しかったです。

――セリフのない演技、と言えると思いますが、撮影はいかがでしたか?
 セリフがない演技も表現力が大切だと思っています。なので、全身で表現することを心がけました。ただ、撮影が終わったら全身が筋肉痛になっていました(笑)。

――周囲の反響はいかがでしたか?
 見たよとか、めちゃくちゃよかったよって言ってくれる人も多くて、うれしかったです。それに、自分の姿を画面で見るのは初めてだったので、とっても新鮮でしたね。

――そして、初グラビアです。
 最初はやはり、(水着になるのは)恥ずかしいなという気持ちが強かったです。ただ、打ち合わせ(顔合わせ)の時に、スタッフの皆さんがすごく場を和ませてくれたので、グラビアって楽しそうだなって感じました。きっと、私がものすごく緊張していたので、それを和らげようとしてくださったのだと思います。もう、衣装選びはルンルン気分でしていました。

――まずは4/4発売の「週刊ヤングジャンプ」に掲載です。
 はい! 顔合わせの時にとてもリラックスできたので、現場でも緊張せず、落ち着いて、心から楽しみながら撮影できました。

――コンセプトは?
 初めてのフレッシュさを出せたと思います。撮影してくださったのは細居(幸次郎)さんなんですけど、自分で見ても自然な表情を引き出してくださったなと感じています。構えずに、素の自分を出せたかなと思います。
 全体的な仕上がりとしては、古民家で撮影したこともあって“和”な雰囲気を感じてもらえるものになったと思います。屋外で撮った花柄のワンピは春っぽい仕上がりになっています。

――4/8には、今度は「週刊プレイボーイ」に登場します。
 プレイボーイさんって言うと大人! っていうイメージもありますけど、そこまで攻めてはいなくて(笑)。でも、ヤングジャンプさんよりは“少し”大人びた雰囲気を出せたかなって感じています。加えて、撮影地となった伊豆の自然も取り込んだ、ナチュラルな仕上がりになっていると思います。

――今後、グラビアはどうしましょう?
 とても楽しかったので、また撮影していただく機会があれば、ぜひやりたいです。

――ところで、ご自身のチャームポイントは?
 自分では分からないんですけど、プレイボーイの撮影の時に「目力があるね」ってほめてもらったんです。なので“目”ですね(笑)。

――そういわれると、宣材の写真は、目に力があって、大分大人びた印象です。
 ありがとうございます。撮られるとなると、かっこつけたくなっちゃうんです(笑)。

――今後の目標をお願いします。
 男女関係なく、誰からも愛される女優さんになりたいです。そして時代を代表する樹木希林さんのような、幅広い年齢層の役を演じられる「令和」に名を残す女優さんになりたいです!

画像: 大原梓/「福岡の宝石 糸島の輝き」が4/4発売の「週刊ヤングジャンプ」&4/8発売の「週刊プレイボーイ」でグラビア初挑戦! 将来は「幅広い年齢層の役を演じられる女優さんになりたいです」

大原梓プロフィール
おおはら あずさ
2000年1月31日生まれ 福岡県出身
2019年春上京して本格的に芸能活動を開始。miwa「RUN FUN RUN」Music Video出演(名古屋ウィメンズマラソン2019テーマソング)、「週刊ヤングジャンプ」「週刊プレイボーイ」でグラビアにも挑戦。今秋公開予定の映画「いのちスケッチ」に出演。特技は、クラシックバレエ、ピアノ、フルート洋服を作ること、食べること

MV「RUN FUN RUN」
https://www.youtube.com/watch?v=fEjl7nSZFGQ

4月4日発売 「週刊 ヤングジャンプ」
4月8日発売 「週刊 プレイボーイ」

秋公開予定の映画「いのちスケッチ」西野朝美役

ヘアメイク:Toyoda Yousuke(Rooster)

This article is a sponsored article by
''.