3月16日スタートのWOWOW「連続ドラマW 東野圭吾『ダイイング・アイ』」(土曜夜10:00※初回放送無料)の第1話完成披露試写会が3月3日、東京・品川のTHE GRAND HALLで行なわれ、主演の三浦春馬、共演の高橋メアリージュン、松本まりか、演出を手掛けた国本雅広監督が登壇した。

 作家・東野圭吾による、発行部数100万部超の同名ハードサスペンスが原作。交通事故が生み出す無責任の拡大をテーマに、保身と贖罪のはざまに揺れる人々の心の弱さを鋭く描く。バーテンダー・雨村慎介役の三浦は「嘘が見えては成立しないストーリーなので、撮影日が来るのが怖くて、友人のバーにお邪魔して実際にカウンターに入らせてもらって何度も練習しました。撮影の最中も監修の方から指導いただいた」と苦労を覗かせると、高橋と松本からは「とてもカッコよかった」との絶賛の声が上がった。

 国本監督との仕事を熱望していた三浦は「こんなモノ作りができる人と仕事ができたら……と頑張っていた部分もあるので、毎日が楽しみだった。すべてのシーンに監督のビジョンがあったので、僕達はそれに付いて行って、伸び伸びできた」と念願の国本演出を堪能したよう。衝撃的展開もあるようで「これまでの俳優人生を通してかなりの軽装で、鎖に繋がれながらその先にはベッドがあり……その状況の中で鬼気迫る演技をしなければいけないのはスペシャルなこと。でも楽しんでやっていました」と体当たり演技を予告した。

 慎介を大胆に誘惑し翻弄する謎の女・瑠璃子、慎介が起こした交通事故で命を絶たれた女性岸中美菜絵の2役を演じる高橋は、「別の人間を演じるというシンプルなものでしたが、こだわったのは目。蛇に成り切りました」と役作りを明かし「それぞれ衣装もメイクも違うので、作っていただく段階で自分の中でのスイッチの切り替えができた」と手応え十分。

 慎介の恋人で秘密を抱える村上成美役の松本は「慎介とのシーンはホッとできるような雰囲気があるので、恋人同士の阿吽の呼吸が表現できればと思った」とリアリティを重視したようで「明るく振舞う一方で、彼女は孤独を抱えている。それは思い返すのが辛いくらいなので、もう一度やるのは辛いかな…。でもそれだけ思い入れも強かったし、愛しています」と愛着を口にした。

 またドラマの内容にちなんで「忘れたくない記憶」を聞かれた三浦は「読売演劇大賞で杉村春子賞をいただいたとき。それを仲のいい方に報告したところ、伝えた瞬間に号泣してくださった。そんなに自分の賞のことで喜んでくださったのが嬉しかったし、忘れてはならない思い出」とシミジミ。同じ質問に高橋は「その後は話しづらい」と悩みつつ「大好きなヒュー・ジャックマンの記者会見に潜入した時。本人が現れたときに、その空間がスローモーションになってピンク色に囲まれているように見えた。自分の心臓の音も聞こえてきて、本当にこうなるんだ!と驚いた。一目惚れってコレか」と振り返った。松本は「私には赤ちゃんの時の記憶がある」といい「何かを訴えたくて泣いているけれど、それが周りの大人には伝わらなくて、その思いは絶対に忘れたくないと赤ちゃんながらに思った」と力を込めた。

 さらにこの日は、三浦がバーテンダーに挑戦。大勢のファンを前に「久しくシェーカーを振っていないから緊張する!」と照れつつも「でも日頃の感謝の気持ちと根性でバーテンダー風に見せます!」と宣言。そしてウォッカ、コーヒーリキュール、アイリッシュクリームで作ったのはマッドスライド。「緊張」という言葉とは裏腹に、プロ顔負けのテクニックを見せた三浦に高橋は「衰えてない全然。こんなバーテンダーがいたら通う!」と惚れ惚れ。大役を終えた三浦は「ご自身で始められてもとても楽しめますよ」と観客におススメし「これから自分も時間がある時にやってみたい」とバーテンダーが趣味の一つになったようだった。

 作者・東野圭吾いわく「映像化は難しい」と唸った原作。それに挑戦した国本監督は「登場人物それぞれのキャラが、どういう風に生きていくのか、心の葛藤を大事にした。原作者自身が難しいと思っているものを手掛けられたのは嬉しい」といい、松本も「私にとって思い入れの強い作品。春馬さんとメアリージュンさんが魅力的で怖くて痺れてもらえるはず。登場人物が抱えているものを想像してゾクゾク怖くなって、最後にはホッとしてほしい」とアピール。高橋も「今回、とても綺麗に撮ってもらいました。それが嬉しくて、それを見てほしい」とニッコリ。主演の三浦は「国本監督はすべてのキャラクターを魅力的に切り取ってくれた。全6話が目の離せない展開になっています」と放送スタートに期待をかけた。

WOWOW「連続ドラマW 東野圭吾『ダイイング・アイ』」
3月16日(土)夜10:00スタート
(全6話)〔第1話無料放送〕

This article is a sponsored article by
''.