去る2月19日、大手家電メーカーのハイセンスジャパンが、新商品となる「レグザエンジンNEO plus」搭載の4K有機ELモデル「55E8000(55V型)」と、4K ULEDモデル「65U7E(65V型)」「55U7E(55V型)」の発表イベントを実施した。

 ハイセンスジャパンは、昨年に東芝映像ソリューション株式会社を買収し話題に。また、FIFAワールドカップ・ロシア大会での公式スポンサーとして幅広い展開を行なっている。

 そんなハイセンスジャパンの新商品発表イベントに、現役女子大生が潜入取材を行なった。東京大学の準ミスを獲得した大野南香と、成城大学の準ミスを獲得した田村りなの二名だ。大野は現役東大生をとして、TBS「東大王」やTBS「好きか嫌いか言う時間」など、バラエティー番組で活躍中。田村は、FRESH「人生まだイージー」などのWEB番組で人気を獲得している。

画像1: 準ミス東大、準ミス成城の現役女子大生が、ハイセンス社新商品発表会でテレビをおねだり
画像2: 準ミス東大、準ミス成城の現役女子大生が、ハイセンス社新商品発表会でテレビをおねだり

 慣れない現場に緊張した面持ちの二人であったが、イベントが始まると真剣な表情に。冒頭に登壇した代表取締役社長の李文麗氏のコメントを聞き逃さないよう集中力を発揮すれば、営業部部長の岩内順也氏の新商品説明では、モニターを食い入るように見つめていた。

 イベント終了後には、大野と田村による営業部部長の岩内氏のインタビューの場も設けられた。田村が、「どうして東芝を買収したのですか?」といった現役女子大生ならではのストレートな質問に対して、少し躊躇しながらも、岩内氏は「東芝さんは、日本、世界でも有数の技術を持っている。ハイセンスは中国メーカーなので日本ではまだなじみが薄いが、東芝と組むことでシナジーが生まれる」とコメント。また、大野の「家ではどんなテレビ番組を見ますか?」という新商品とは無関係の質問を投げかけると、「家に帰って録画したものをで見ますね。結構連続ドラマとか見ますよ!」と快く受け答えする岩内氏の笑顔が印象的であった。

画像3: 準ミス東大、準ミス成城の現役女子大生が、ハイセンス社新商品発表会でテレビをおねだり
画像4: 準ミス東大、準ミス成城の現役女子大生が、ハイセンス社新商品発表会でテレビをおねだり

 インタビューを通して、すっかり打ち解けたと感じた大野は岩内氏に、「良かったらテレビ一台いただけませんか?」と思い切った質問を投げかけると、会場は笑いに包まれた。岩内氏も笑いながら「担当が違うので……」とうまくかわし、現役女子大生のおねだりへの抵抗を見せた。

画像: インタビューを終えて記念撮影。左から田村、ハイセンスジャパン 営業部部長 岩内順也氏、大野

インタビューを終えて記念撮影。左から田村、ハイセンスジャパン 営業部部長 岩内順也氏、大野

 初めての潜入取材を終えた、大野は「今まで、テレビの性能などは考えたことがありませんでした。今回新製品発表のイベントに参加させていただいて、性能向上の様子がとてもよく分かりました。また、インタビューによって、ハイセンスジャパン様の新製品に対する思いや目標が強く感じられました。」と優等生なコメント。

 また、田村は「テレビに関しての知識が全く無かったので、今回のイベントを通して新商品について色々なお話をお伺いできて、とても勉強になりました。どんどんネットとテレビが連動してきていることに驚きました。そして何よりも映像が綺麗すぎて感動しました。様々な技術が取り入れられた魅力的な商品で欲しくなってしまいました!」と天真爛漫な女子大生ならではの感想を寄せた。

4K 有機ELテレビ 55E8000/55V型の特徴
価格:23万円前後/発売時期:4月上旬
1 レグザエンジンNEO plus 搭載
東芝映像ソリューション株式会社との共同開発により生まれた、高画質映像エンジン「レグザエンジンNEO plus」搭載により、日本基準の画質を実現。
2 新世代の4K有機ELパネル搭載
有機物を発光させ、1画素単位で光らせることで圧倒的な黒の世界と立体感を再現します

4K ULEDテレビ 65U7E/55U7E 65V型/55V型の特徴
価格:18万前後(65U7E)、15万前後(55U7E)/発売時期:3月中旬
1 レグザエンジンNEO plus 搭載
2 「ウルトラLED/バックライトLCD」技術
ハイセンス独自の「ウルトラLED/バックライトLCD」技術がこれまでにない高彩度、広色域を表現するだけでは無く、きめ細やかな明暗表現を実現する事で、色鮮やかでリアルな映像美を再現します。
3 ゲームモード
「ゲームモード」は、画像処理を圧縮する事で、ボタンを押してから反応までの時間を短くすることが出来ます。FPSや格闘ゲームなどに最適

This article is a sponsored article by
''.