杉田協士監督7年ぶりの長編映画『ひかりの歌』が1月12日(土)ユーロスペースにて公開となり、満席立ち見の中初日舞台挨拶を行ないました。そして出演者の、北村美岬、伊東茄那、日髙啓介、金子岳憲、松本勝、西田夏奈子、渡辺拓真、杉田協士監督が登壇いたしました。

 公開初日を迎えたキャスト陣は、「『ひかりの歌』は(自分が出演する)第1章を撮影後、それ以外の短編を1本ずつていねいに作っていきました。だから4本揃った時からすでに嬉しくて。でも公開を迎えた今は、さらに嬉しいです」(北村)、「3年前に撮影した時は、この日を迎えられるとは思ってもみなかった」(金子)と、初日を迎えたそれぞれの心境を語りました。

 10代から監督と知り合いだという伊東は「これまで一緒に過ごしてきた中で、監督に話したことがセリフに反映されていたりもした。そうして出来上がっていった今日子が、映画の中で生きていたことが嬉しい」とコメント。

 普段は劇団”FUKAIPRODUCE羽衣”に所属し、劇中で西田とのライブシーンで歌唱を披露している日高は「今日、こうして作品がお客様に触れる機会を共有できることが幸せ」と万感の表情。西田は「ライブがあったおかげで、撮影だということを忘れてリラックスできた。お客さんが実際に楽しんでいる顔を見ながらの撮影で楽しかったですね」と撮影の裏話を明かしました。

 杉田監督とは20年近い付き合いだという金子は、杉田監督の前作『ひとつの歌』にも出演しており、「杉田監督の変わらないところは、時間を使ってゆったり撮影をするところ。お昼も弁当ではなく、必ずどこかの定食屋でゆっくり食べて、そこでミーティングや無駄話をしながら撮影に入っていくんです。それが今回の映画の“空気”として表れていると思う」と分析。

 第4章に出演した松本は、東京国際映画祭や全州国際映画祭に杉田監督と参加したことを述懐。「東京国際映画祭では、海外のバイヤーの方々が熱心に質問をしてくださったのが印象的。全州は、街全体が映画祭を盛り上げようという空気に満ちていました」と松本が明かすと、杉田監督も「みなさん、本当に熱心で。感想を伝えながら泣いてくれる方もいて、とてもありがたい時間でした」と振り返りました。

 最後に登壇者を代表して、杉田監督が挨拶。撮影から公開までの時間を振り返り、「今まで映画を続けてきて、ひとつ分かったことがあります」と話し始めます。「撮影の間、カメラの横にいて、心が動くことがあります。でもそこで泣いてしまってはだめで。自分が真っ先にその場面に出会い、心が揺れてしまったら、監督としての判断が弱まってしまうからです。だから『ひかりの歌』を撮影している間は、グッとこらえてきました」。

 そして、満席の会場を見渡しながら、「挨拶用に考えていた構成が全部ふっ飛んでしまいました…」と声を詰まらせるひと幕も。続けて、監督は「今日でようやく、作品をみなさんにお渡しできることが本当に嬉しいです」と締めくくり、会場からは温かい拍手が送られていました。

映画「ひかりの歌」
ユーロスペースにて公開中
公式HP https://twitter.com/lyssupport

(C)光の短歌映画プロジェクト

公開記念連日アフタートーク開催決定!
1/13(日)ゲスト:清原惟さん(映画監督)
1/14(月)ゲスト:?歌川たいじさん(小説家・漫画家)
1/15(火)ゲスト:林あまりさん(歌人)、東直子さん(歌人)
1/16(水)ゲスト:樋口泰人さん(boid)
1/17(木)ゲスト:山中瑶子さん(映画監督)
1/18(金)ゲスト:矢田部吉彦さん(東京国際映画祭プログラミング・ディレクター)
1/19(土)ゲスト:高橋久美子さん(作家・作詞家)
1/20(日)ゲスト:文月悠光さん(詩人)
1/21(月)ゲスト:西原孝至さん(映画監督)
1/22(火)ゲスト:佐々木敦さん(批評家)
※連日19:00の回上映後/すべての回に杉田協士監督も登壇致します。

公開劇場
1/26(土)~
【愛知】名古屋シネマテーク(連日19:25の回)
※1/26(土)初日、杉田協士監督による舞台挨拶を予定。

2/1(金)~
【大阪】シネ・リーブル梅田

2/23(土)~
【神奈川】横浜シネマリン

時期未定
【京都】出町座

This article is a sponsored article by
''.