主演:佐野岳、主題歌:水樹奈々で愛媛県新居浜市市制80周年記念作品として製作された映画『ふたつの昨日と僕の未来』 は、愛媛県新居浜市を舞台に気鋭の大森研一監督による現実世界とパラレルワールドを奔走しながら自分の生き方を見つける若者の姿を描くオリジナルファンタジー映画です。愛媛県での先行公開に続き、12月22日(土)よりシネマート新宿ほか全国順次公開となりました!

 初日、16:45より、シネマート新宿にて、主演の佐野岳、主題歌を担当した水樹奈々、大森研一監督、そして石川勝行新居浜市長が登壇する舞台挨拶付きの初日舞台挨拶が開催されました。

画像: 映画『ふたつの昨日と僕の未来』公開。佐野岳、水樹奈々の前で主題歌「サーチライト」を披露! ヒロイン・相楽樹から登壇者へ手紙のサプライズ

 全国公開初日で立ち見満席の場内に登場した主演・佐野は「やった?!」と喜びの声をあげ、「いよいよ公開ということで、初日からこれだけの方々にお越しいただけて嬉しい。」と全国公開初日への想いを爆発させました。

 主題歌を担当した水樹は「全国公開、ついにきたという感じです。地元の新居浜の良さを、全国の皆様にやっとこの大きなスクリーンでお届けできるのだと。嬉しくて興奮しています!」と目を輝かせました。

 大森監督は「オール新居浜ロケをした本作、“まごころ”を込めて作りました。公開初日に来てくださってありがとうございます!」と感謝を述べました。

 水樹が主題歌の歌詞を書くにあたり、「小さい時からの思い出の場所を思い出しながら、シナリオを読ませていただきながら、どんな映像に仕上がるのか妄想を膨らませながら、取りかかりました。途中、監督から撮影中の映像や写真も送っていただけたので、リアルに想像しながら制作させていただきました。」と作詞制作のエピソードを話すと、佐野と監督が、主題歌「サーチライト」を聴いた瞬間から耳に残り、ついつい口ずさんでしまう楽曲だったと語る。二人が参加した新居浜での先行公開前のプロモーションの時にラジオ収録時に二人で主題歌をアカペラしていたことを暴露したところ、水樹から「歌って!」のオファーが。

 「サーチライト!サーチライト!」と主題歌のサビ部分を、監督が合いの手をいれながら佐野が水樹の前で歌い上げると、水樹から「最高です!素晴らしいです、愛を感じました!」と大絶賛!満席の劇場からも拍手喝采を浴びました。

 その後、石川勝行新居浜市長が全国公開のお祝いに劇場に駆けつけてくださり、「今日から全国公開で、嬉しいです。新居浜市民の心意気が伝わるような映画を作りたいと監督から言われていましたが、その通りの作品ができたと思います。家族や友達、地域や職場の人と人とのつながり、大切な人を思う心、そんな人間の優しさが伝わってくる映画になっていると思っております。新居浜市出身の水樹さんには新居浜の想いを込めての素晴らしい主題歌を作っていただき、本当にありがとうございます。」と、映画の誕生に大満足でした。

 また、ヒロイン・相楽樹から初日を祝うサプライズの手紙が届き、佐野は「嬉しい! “ふた僕”が盛り上がり大ヒットさせて、次は相楽さんに舞台挨拶に参加してもらいましょう!」と、会場のお客様に呼びかけました。

 最後に、監督は「これから見ていただく皆さんのお力をお借りして、“ふた僕”をたくさんの方々にみていただきたいです。」と頭をさげ、水樹は「故郷の当たり前の情景もずっと触れてきた景色も、大勢の方にみていただけることはとても嬉しいことです。まるで子供を公園デビューさせるような気持ちで、不思議な緊張感もあります。全力で歌を作らせていただきましたので、映画を総括するような楽曲になったと思っています。映像と合わせて音楽も楽しんでいただければ幸いです。そしてこれを機に、新居浜に行ってみたいなあという方々が増えてくれたら嬉しいなと思います。」と語り、佐野は「つながりを大切にしている作品で、スマホや携帯で簡単につながれる時代だからこそ、この映画を通して本当の意味でのつながりを感じていただけたらと思います。そして映画を観てくださったお客様の手で、この作品を大きくしてくれたら有難いです。」と作品をアピールしました。

 舞台挨拶の後半には、クリスマスプレゼントとして佐野と水樹のサイン入りパンフレットのプレゼント大会も行われ、会場は大いに賑わいをみせました。

映画「ふたつの昨日と僕の未来」
12月22(土)よりシネマート新宿ほか全国順次ロードショー中
(C)2018 「ふたつの昨日と僕の未来」製作委員会

<ストーリー>
 その扉の先にはかなえたい未来があった。マラソンランナーとしてオリンピックを目指していた海斗(佐野岳)。しかし、怪我を理由に現役を断念する。その後は市役所に勤め、無気力な日々を過ごしてきたが、とうとう彼女の真里乃(相楽樹)にも見放される。そんなある日、観光案内で訪れた山の中で大雨に見舞われ、逃げ込んだ先に不思議な坑道を見つける。雨を避けようと中へ入ったはずが、なぜか坑道の外へ。 そこは、同じ場所だが雨が止んでいる。その瞬間、経験したことがないはずの記憶が駆け巡った。交差する記憶に混乱しながら 街に戻ると、喧嘩していたはずの真里乃とは順調に交際し、オリンピックの金メダリスト として街の英雄に!? 市役所では、事故で亡くなったはずの父・悟(神保悟志)が上司として働いていた。 家に帰ると、生きていたはずの祖母・智恵子(岩本多代)の遺影があり、とっくに亡くなったはずの 祖父・哲夫が現れる。訳が分からない海斗に哲夫から驚きの事実を告げられる。 2つの世界の狭間で揺れ動く海斗。果たして彼が進む未来は

<キャスト>
佐野 岳
相楽樹 菅谷哲也 菅野莉央 鶴見萌
久保田 悠来 / 宮地 真緒 / 榎木孝明(特別出演)
神保悟志 / 岩本多代

<スタッフ>
監督・脚本:大森研一
脚本:福田卓郎
主題歌:水樹 奈々「サーチライト」(キングレコード)
製作:大森研一 坂本敏明 大橋弘明
プロデューサー:広瀬真寿美 木俣誠 上野境介 酒井明 皆尾裕
撮影監督:今井 哲郎 録音:宋 晋瑞 整音:藤林 繁 音楽:佐藤 和郎 美術:中谷 暢宏リレコーディングミキサー:勝俣 まさとし サウンドエディター:花谷 伸也 新谷 隆生 スタイリスト:網野 正和 ヘアメイク:大澤 ねね 大岩 乃里子 助監督:吉田 至次 宣伝プロデューサー:柳原 祥広 キャスティング:北田 由利子 宣伝:キャンター ツインピークス 配給::キャンター 制作プロダクション:キャンター
企画製作:ハートネットワーク 大森研一 製作協力:新居浜市 新居浜市市制施行 80 周年記念事業実行委員会
製作:「ふたつの昨日と僕の未来」製作委員会

This article is a sponsored article by
''.