井樫彩監督の初長編映画『真っ赤な星』が12月1日(土)、テアトル新宿にて公開となり、満席立ち見の中初日舞台挨拶を行ないました。本作W主演の小松未来と桜井ユキ、そして出演者の、毎熊克哉、大原由暉、小林竜樹、井樫彩監督が登壇いたしました。

画像1: 小松未来 × 桜井ユキW主演作『真っ赤な星』12月1日より公開! 桜井ユキが毎熊克哉にキス指導!? 撮影時の珍エピソード披露

 公開初日を迎えたキャスト陣は「撮影中にはいろいろなことがあったけど、完成した今は嬉しい気持ちでいっぱいです」(小松)、「これまでキャストやスタッフのみで共有していた『真っ赤な星』の思いが、今日から見てくださる方々のものになり、変化していくのだろうなと思っています。それが本当に楽しみ」(桜井)、「井樫監督にとっては、今日が一生に一度の長編デビュー初日。僕もドキドキしています。この作品は上手に作った映画ではなく、不器用ながらもみんなで魂を削った映画。そういう映画に自分が関われたことを嬉しく思う」(毎熊)とそれぞれの心境を語りました。

画像2: 小松未来 × 桜井ユキW主演作『真っ赤な星』12月1日より公開! 桜井ユキが毎熊克哉にキス指導!? 撮影時の珍エピソード披露

 撮影で大変だったシーンを聞かれた桜井は、「初日に撮影した冒頭の病院のシーン。作品の雰囲気を決める最初の場面でもあるので、時間をかけて構築していきました」とコメント。

 一方、毎熊は「撮影から1年、ずっとネタにされ続けているんですが……」と切り出し、車中での桜井との情熱的なキスシーンの舞台裏を述懐。「テストのとき、ほっぺにチュッとしたら、全員から『毎熊さん! そういうチューじゃないです!』 と突っ込まれ、桜井さんからは『ちょっと外に出て、思いきりチューしてみる?』と言われました」と苦笑い。男前な一面が判明した桜井は「横から“小鳥のようなキス”をされまして(笑)。え、もう終わり?と。物足りないキスでした」とぶっちゃけ、井樫監督も「桜井さんが毎熊さんに『私のこと、もっと好きになってよ!』と言ってました(笑)」と明かしていました。

画像3: 小松未来 × 桜井ユキW主演作『真っ赤な星』12月1日より公開! 桜井ユキが毎熊克哉にキス指導!? 撮影時の珍エピソード披露

 最後に「私は映画を観て救われることがあります。この作品における、幼い陽と大人の弥生は、昔の私と今の私のようなもの。ラストで陽が弥生を抱きしめた瞬間、今の自分が救われたような気がしました」と井樫監督。

 続けて「『真っ赤な星』は私の21年間の人生を注ぎ込んだ作品。突飛な描写もありますが、誰かを好きになったり、それでも気持ちが届かず切なくなったりといった普遍的なテーマを描きました。これからみなさんの中でどのような解釈が生まれるのかが楽しみです」と締めくくりました。

映画『真っ赤な星』
■キャスト:小松未来・桜井ユキ/毎熊克哉・大原由暉/小林竜樹・菊沢将憲・西山真来/湯舟すぴか・山谷武志・若林瑠海/大重わたる(夜ふかしの会)久保山智夏・高田彩花・長野こうへい/中田クルミ(声の出演) PANTA(頭脳警察)
■スタッフ:【撮影】萩原脩【照明】仁藤咲【録音・整音】柳田耕佑【衣装】藤山晃子【ヘアメイク】藤原玲子【美術】内田紫織【助監督】満岡克弥【編集】小林美優【カラリスト】川村尚寛【音楽】鷹尾まさき【スチール】北島元朗【デザイン】田中進【エグゼクティブ・プロデューサー】松坂喜浩【プロデューサー】菅原澪、島野道春【アソシエイト・プロデューサー】髭野純、夏原健
コピーライト :(C)『真っ赤な星』製作委員会
公式HP http://makkanahoshi.com/

This article is a sponsored article by
''.