2007年12月に神保町花月で公演した舞台作品『凜』。脚本を務めたのは又吉直樹。初の長編作品を書き下ろし、自らも転校生、天童役として出演していた作品です。舞台『凜』が10年の時を経て、佐野勇斗・本郷奏多のW主演で映画化し、公開日は2019年2月22日(金)。又吉直樹は原作・脚本監修。TBSテレビと共同作品となる本作品は、池田克彦が監督を務めています。10月22日京都国際映画祭で発表した本ポスタービジュアルに続き、完成したばかりの予告編が初解禁! 

 本作は「100年に一度、村から子供が消える」という伝説が伝わる小さな村が舞台。予告映像では、消えた小さな女の子を探す母親達が映し出され、物々しい雰囲気から始まります。同じクラスに通う純朴な高校生、野田耕太(佐野勇斗)、石倉優太(須賀健太)、折田竜二(亀田侑樹)、真島泰輔(櫻井圭佑)。彼らの元に東京からやってきた転校生、天童義男(本郷奏多)。抱えている謎を打ち明けない天童に対して衝突する野田耕太。そんな中、友達の一人が消え、疑心暗鬼になる仲間。混乱する状況の中、消えた仲間はどこ? 映像に出てくる平祐奈の涙の意味は――。

 片桐仁 堀部圭亮 勝村政信 石田ひかり 山口紗弥加など豪華俳優陣も出演し、青春ミステリー映画の世界観を支えます。バンドとして勢いを加速させるハルカミライが歌う主題歌、「ヨーロービル、朝」の歌詞に注目です。

【タイトル】凜-りん-
【出演】佐野勇斗 本郷奏多
    須賀健太 亀田侑樹 櫻井圭佑 大沢ひかる 平祐奈
    椿鬼奴 須田邦裕 金田哲(はんにゃ) 好井まさお(井下好井) 片桐仁
    堀部圭亮 勝村政信 石田ひかり(友情出演) 山口紗弥加 
【原作・脚本監修】又吉直樹
【監督】池田克彦[TBSテレビ 制作局 ドラマ制作部]
【脚本】渡邉真子
【音楽】ハセガワダイスケ
【音楽プロデュース】久世烈・笹原綾
【主 題 歌 】主題歌:「ヨーロービル、朝」 挿入歌:「俺達を待っている」/ハルカミライ
【製作】藤原寛
【エグゼクティブプロデューサー】片岡秀介
【スーパーバイザー】黒井和男・古賀俊介
【プロデューサー】宮本稔久・高柳健人・木谷真規
【製作プロダクション】エクセリング、よしもとクリエイティブ・エージェンシー、TBSテレビ
【配給】KATSU-do
【製作】吉本興業
【公開】2019年2月22日
【HP】http://rin.official-movie.com/

This article is a sponsored article by
''.