この度、浅田文学<新選組>第二弾となる『輪違屋糸里』(文春文庫刊)が、待望の映画化となり、2018年12月15日(土)より全国順次公開されることが決定いたしました。本作は、歴史が大きく変わろうとしている渦の中で、大義をもって都を守り、そして恐れられた新選組の姿を女性の視点で描いた愛の物語です。背景となるのは、結成当初の彼らにとって最も重要な事件――筆頭局長であった芹澤鴨の暗殺に隠された謎。幕末の京都で、花街の「美」と、儚い夢の「哀」が交錯する物語。この度本作の情報解禁に伴ない、初の場面写真を解禁します。

 男はんの夢のためやったら
 おなごは死んでもええのどすか
 ―ほんまにそう思うんやったら、斬られて本望や

 初期の新選組に、近藤勇と芹澤鴨という二人の局長が存在し、両派が対立を深めていた時代。新選組副長・土方歳三に想いを寄せる島原輪違屋天神・糸里。平山五郎との愛に翻弄される桔梗屋天神・吉栄。芹澤鴨とお梅。幕末の京の色街に生きる三人の女性たちが愛したのは、奇しくも新選組の志士たちだった。男たちの対立に翻弄されながらも、自らの愛を貫こうとする女たち。そして、―筆頭局長であった芹澤鴨の暗殺に隠された謎が女性たちの視点で明らかになっていく――。

 主人公、島原輪違屋の芸妓・糸里を演じるのは、『ソロモンの偽証 前篇・事件/後篇・裁判』で日本アカデミー賞新人俳優賞に輝いた藤野涼子。まだ幼さが残る初々しい姿と、十代とは思えない妖艶な女性像を演じ、スクリーンでの時代劇初挑戦ながらも実力派俳優としてのその実力を見せつけている。

 土方歳三には『赤い糸』で同じく日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞した若手実力派・溝端淳平。そして吉栄を松井玲奈、平山五郎を佐藤隆太が熱演。芹澤鴨には塚本高史、愛人お梅を田畑智子が演じた。更に炎鷹、新妻聖子らが脇を固め、松平容保役の榎木孝明と甘味処隠居役の石濱朗が特別出演をしている。

 さらに、本作の製作陣には、日本映画界を代表する才能が結集した。監督はTVシリーズ「鬼平犯科帳」など、人間ドラマと時代劇を融合させる名手・加島幹也。製作陣には、日本アカデミー賞の受賞経験者、江原祥二(撮影)・杉本崇(照明)・松宮敏之(美術)らが集結。唯一無二の映像美で、京の街と時代背景を再現した。時代劇になくてはならない殺陣は、東映剣会の清家三彦が担当している。

<藤野涼子 コメント>
 この作品は、私が16歳の時に撮影しました。その時は、時代劇も、恋愛劇もやらせて頂いた事がなく今回が初めてで、それに京訛りがあり私の中でこの映画はとてもチャレンジングな作品でした。

 撮影を始める前に加島監督と糸里の想いについて一日中話し合ったり、役の中の土方歳三は糸里の心をズタズタにしますが、撮影の間に溝端淳平さんと歌を歌ったりしていました。そんな暖かな雰囲気で作ったこの作品が皆さんの元に三ヵ月後に届くと考えるととてもワクワクします。

 加島監督をはじめスタッフの皆さんも役者も魂を込めた作品です。12月、新選組の姿を女性視点で描いた愛の物語を、是非劇場で体感して下さい。新選組の迫力ある殺陣さばきや、芸妓や太夫の三味線、踊りなども必見です!

『輪違屋糸里』

12月15日(土)有楽町スバル座ほか全国順次公開
出演:藤野涼子 溝端淳平 / 松井玲奈 佐藤隆太 / 新妻聖子 / 石濱朗(特別出演) 榎木孝明(特別出演) / 田畑智子 塚本高史
原作:浅田次郎『輪違屋糸里(上・下)』(文春文庫刊)
監督:加島幹也
脚本:金子成人、門間宜裕、加島幹也
配給:アークエンタテインメント
配給協力:エクセレントフィルムズ
(C)2018銀幕維新の会/「輪違屋糸里」製作委員会
公式サイト:wachigaiya.com

This article is a sponsored article by
''.