ワーナー・ブラザース・テレビジョン製作の世界的人気ドラマ「コールドケース」の日本版で、その第二弾である「連続ドラマW コールドケース2 ~真実の扉~」が、10 月13 日(土)よりWOWOWプライムにて毎週土曜よる10時~(全10 話)放送開始。

 キャストは、神奈川県警・捜査一課の中でチームを牽引する主人公の女性刑事役を吉田羊が務め、永山絢斗、滝藤賢一、光石研、そして三浦友和という前シーズンの主要メンバーが再結集。シーズン1よりもさらにスケールアップした大規模なロケーションが敢行され、日本ならではの時代感や重厚な事件テーマ、前シーズンでも話題となったレギュラー陣と豪華ゲストとの競演など、話題が絶えないクライムサスペンスだ。

 本作が横浜を舞台とし、神奈川県警・捜査一課チームの活躍を描いていることから、2年前に引き続き神奈川県警とWOWOW とのタイアップキャンペーンが実現。シーズン2の放送を目前に、10 月3 日(水)横浜タカシマヤ前(横浜市西区)にて、振り込めサギ被害撲滅を目指し、「連続ドラマW コールドケース2 ~真実の扉~」サギ撲滅キャンペーンイベントが開催された。

 戸部警察署長・新村晃一氏を始めとするご協力団体や、神奈川県警のキャラクターである防犯ミライ、絆大使トラセンジャー、振り込まセンジャーらが登場した後、警察の制服姿に身を包み、颯爽と登場した吉田羊に、多くの集まった見学者から歓喜の声が飛び交う。そんな中、戸部警察署長より1 日警察署長の委嘱状を交付され、たすきを身にまとった吉田は、「こんにちは。本日、大役を仰せつかった吉田羊です」とニッコリ挨拶。続いて「本作は神奈川県でもロケをしていました。永山絢斗さん、滝藤賢一さん、光石研さんらと横浜中華街で食事したことも、とても楽しく思い出になっています」と撮影時を振り返る。

画像: WOWOW「連続ドラマW コールドケース2~真実の扉~」 放送開始記念、吉田羊 神奈川県警1 日警察署長として、サギ撲滅に“家族の絆”を訴える!

 また、「2 年前にもサギ被害撲滅を訴えさせて頂きましたが、残念ながら増え続けています。自宅の電話を留守電設定にしたり、迷惑電話防止機能がついた電話機に交換することも有効です」と、予防法を伝授。さらに「ご家族におじいちゃん、おばあちゃんがいらっしゃる方は、連絡を密に取り合い、家族の絆でサギを防いでください」と強調し、積極的に訴えかけた。

 そして、神奈川県警とWOWOW のサギ撲滅のタイアップポスターも披露され、神奈川県内での掲出に、見かけた際には撮影して、友人・家族と共有し撲滅の協力も仰いだ後、“吉田署長”によるサギ撲滅が高らかに宣言され、吉田の確固たる決意に周囲も刺激されたに違いない。

 また、「サギ撲滅キャンペーン」の防犯パトロールということで、JR 横浜駅構内を行進した吉田。突然の人気女優の出没に横浜駅構内は、一時騒然とする一幕も。「本作のエンディングには、神奈川県警をはじめ、横浜の綺麗な夜景なども写し出されています。ぜひ、楽しんでください。そして、多発している振込みサギをみなさんと共に無くしていきましょう」と、最後の訴えに、通行人も足を止めて注目をしていた。

サギ撲滅宣言文
振り込めサギは、高齢者の人生を奪い取る卑劣な犯罪です。私たちは高齢者を振り込めサギから守るため、次のとおり行動することを宣言します
ひとつ 家族をはじめ地域社会に注意喚起の輪を広げます
ひとつ 迷惑電話対策機器の普及など、高齢者を守る環境づくりに努めます
ひとつ 振り込めサギのない、安全で安心な神奈川の実現を目指します

This article is a sponsored article by
''.