『新世紀エヴァンゲリオン』に続くガイナックス待望の新作として企画され、2000年から2001年にかけて全6巻でリリースされたOVA(オリジナル・ビデオ・アニメ)シリーズ作品『フリクリ』(共同制作:Production I.G)。『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズや『トップをねらえ2!』の監督として知られる鶴巻和哉の初監督作品であり、国内DVD販売数は累計約25万本という大ヒットを記録。海外での評価も非常に高く、2003年カナダ・ファンタジア映画祭ではアニメーション部門銅賞を受賞。この国内外の圧倒的な人気を受け、Adult Swim、Production I.Gと東宝により、新作となる劇場版『フリクリ オルタナ』が9月7日(金)に、劇場版『フリクリ プログレ』が9月28日(金)にそれぞれ劇場公開致します。

 去る8月27日(月)に、TOHOシネマズ 日比谷にて劇場版『フリクリ プログレ』の完成披露上映会を実施致しました! 上映前の舞台挨拶には、本作のヒロイン・雲雀弄ヒドミ役の水瀬いのりと、ヒドミのクラスメイトの井出交役の福山潤が登壇! 本作に関する貴重なトークを、溢れんばかりの「フリクリ愛」とともに語り尽くしました!

 大勢の「フリクリ」フリークで埋め尽くされた会場に登壇した水瀬と福山が盛大な拍手に迎えられて舞台挨拶がスタート。ついに完成し、お披露目を迎えた本作について水瀬は「2000年のOVAが発表された頃、私はまだ5歳で幼稚園に通っていました」と語ると、福山は「僕は当時デビュー3年目くらいでしたが、当時5歳だった水瀬さんと同級生の役で演じるなんて思ってもみませんでした(笑)」と語り、会場を沸かせました。

 また、アフレコ現場の様子について水瀬は「林原めぐみさんとは、今回のアフレコで初めてご一緒させて頂きましたが、目で台本を追うのがもったいなく感じ、読んでいる台本を閉じて林原さんのお芝居を見る、いち視聴者になりたい思うほど刺激的でした」と大先輩のすごさをしみじみと語りました。

画像1: 2000年代伝説のOVA『フリクリ』がスクリーンにCOME BACK!!! 水瀬いのり&福山潤が完成披露上映会に登壇! 鑑賞時のキーワードは「考えるな、感じろ!」(水瀬)

 一方、作中の「思春期特有の感情の高ぶりで、おでこからとんでもないものがニョキニョキ生えてしまう現象」N.Oにちなんで、N.Oが生えてしまう程に心が高ぶった瞬間を聞かれた福山は「仕事に真剣に取り組んでいくなかで、緊迫なシーンの瞬間にダジャレが思いついた瞬間、とても心が高ぶりますね(笑)」と答え、会場からは大きな笑い声が沸き起こりました!

画像2: 2000年代伝説のOVA『フリクリ』がスクリーンにCOME BACK!!! 水瀬いのり&福山潤が完成披露上映会に登壇! 鑑賞時のキーワードは「考えるな、感じろ!」(水瀬)

 最後に本作のファンに向けて福山は「自分がなんでアニメを好きになったのかを思い出すデジャヴを感じる作品で、この作品に関われて良かったと心から思えます」と語り、水瀬は「この作品を観る時の大事なキーワードは「考えるな、感じろ!」です(笑)。是非、画面の隅の隅まで観て頂いてご自身の感想を感じて頂きたいです」と締め括り、大盛況のまま舞台挨拶は幕を閉じました。

8/27(月)!雲雀弄ヒドミ役・水瀬いのり&井出交役・福山潤 登壇! 劇場版「フリクリ プログレ」完成披露上映会
日  時:8月27日(月)
場  所:TOHOシネマズ日比谷 SC12
ゲ ス ト:水瀬いのり(雲雀弄ヒドミ(ヒバジリ ヒドミ)役)、福山潤(井出交(イデ コウ)役) MC:柳原哲也(アメリカザリガニ)

画像3: 2000年代伝説のOVA『フリクリ』がスクリーンにCOME BACK!!! 水瀬いのり&福山潤が完成披露上映会に登壇! 鑑賞時のキーワードは「考えるな、感じろ!」(水瀬)

劇場版『フリクリ オルタナ』 9月7日(金)公開
劇場版『フリクリ プログレ』 9月28日(金)公開
【公式HP】 http://flcl-anime.com/
【コピーライト】 (C)2018 Production I.G / 東宝

This article is a sponsored article by
''.