4人組のプロレスアイドル・アップアップガールズ(プロレス)が、世界最大級のアイドルフェス「東京アイドルフェスティバル(TIF)2018」に初出場。ステージをリングに変え、熱いパフォーマンスを披露した。

 登場は8月5日、10:45~のフェスティバルステージだ。刻まだ浅く、ステージにまで日差しは届かないが、レスラー衣装に身を包んだ4人が登場するや、会場の熱気は、彼女たちの圧に後押しされて急上昇。

 歌うのはもちろん「アッパーキック!」だ。途中にエキシビジョンが挟み込まれ、闘争心をむき出しにした熱いステージを見せてくれた(勝者はヒナノ)。

 さて、2曲目は……と思っていると、なんと本当にプロレスが始まり、ラク×ヒカリ、ミウ×ヒナノの試合が始まり、最後はミウが得意技カナディアンバックブリーカーを決め、ヒナノを下して勝者となった。

 そんなステージのラストを飾る3曲目は……もちろん、アプガ(プ)ならではの必殺曲「アッパーキック!」だ。1曲だけで1時間のステージを難なくこなした彼女たちの熱に乗せられて、会場の熱気もさらにアップアップした状態となり、興奮の中、ファーストTIFは終了した。

アップアップガールズ(プロレス) https://ameblo.jp/upupgirls-prowrestling/
ミウ https://twitter.com/uug_p_miu
ヒカリ https://twitter.com/uug_p_hikari
ヒナノ https://twitter.com/uug_p_hinano
ラク https://twitter.com/uug_p_raku

This article is a sponsored article by
''.