主演:山田裕貴×ヒロイン:齋藤飛鳥、映画『あの頃、君を追いかけた』10/5公開

 2011年、台湾で200万人を動員し、ほぼ無名のキャストながら社会現象を巻き起こすほどの空前のヒットとなった伝説の青春映画『あの頃、君を追いかけた』。台湾の人気作家、ギデンズ・コーが自身の自伝的小説を自ら映画化し、台湾の青春映画として歴代1位の興行収入をおさめ、香港では『カンフー・ハッスル』(04)の記録を塗り替えて歴代興収No.1を記録。日本でも2013年に公開され、単館上映ながらスマッシュヒットを記録した。

 そして2018年、舞台を日本に移し、主演に山田裕貴、ヒロインに乃木坂46の齋藤飛鳥、さらには松本穂香、佐久本宝、國島直希、中田圭祐、遊佐亮介といった旬の若手俳優たちにより現代の物語として新た生まれ変わった『あの頃、君を追いかけた』の公開が10月5日(金)に決定。

 また、この度、WEB限定の“カンフーファイティング”予告編が解禁となった。今回、解禁となった予告編は、74年の全米・全英チャートで、それぞれ1位になった、カール・ダグラスの「カンフー・ファイティング」(邦題:「吼えろ! ドラゴン」)の音楽に合わせ、山田裕貴、佐久本宝、中田圭祐、遊佐亮介の4人がコミカルなダンスをするシーンが、印象的な予告編となっている。台湾版でも、主人公の“カンフーシーン”が重要なポイントになっているが、そんなオリジナル版へのオマージュを想起させる。また、山田裕貴は、本作の撮影開始時に「全力でバカをやります」と宣言しており、そんな山田の本作への想いが伝わる、全力のカンフーダンスに注目だ。

予告編はコチラ
https://www.youtube.com/watch?v=D2aK_wSoxyY&feature=youtu.be

 オリジナル作品の瑞々しさを受け継ぎつつ、旬の若手俳優たちが結集して現代の物語として鮮やかに生まれ変わった珠玉のラブストーリー『あの頃、君を追いかけた』は10月5日(金)より全国にて公開。

『あの頃、君を追いかけた』

10月5日(金)TOHOシネマズ日比谷他全国ロードショー
【出演】山田裕貴 齋藤飛鳥/松本穂香 佐久本宝 國島直希 中田圭祐 遊佐亮介
【監督】長谷川康夫
【脚本】飯田健三郎/谷間月栞
【原作】九把刀「那些年、我們一起追的女孩」
【製作】『あの頃、君を追いかけた』フィルムパートナーズ
【配給】キノフィルムズ
(C)『あの頃、君を追いかけた』フィルムパートナーズ
公式HP:http://anokoro-kimio.jp

画像1: 『あの頃、君を追いかけた』
画像2: 『あの頃、君を追いかけた』

This article is a sponsored article by
''.