画像: Auto Sound Web Grand Prix 2019:カロッツェリア サイバーナビシリーズがGold Awardを獲得した理由
画像: [photo:Akio Shimazu]

[photo:Akio Shimazu]

ナビながら家庭のAVも含めたエンタメセンター能力を装備
χシリーズを彷彿とさせる驚きの音の良さは特筆

文=鈴木 裕

 多機能であり、利便性も素晴らしい。カロッツェリアはナビ性能の高さは定評のあるところ、加えて最大4年分のマップデータ自動更新がついている。インターネットを通じての(しかも5Gではなく、ドコモの車内向けインターネット接続サービス「docomo in Car Connect」、つまり現在のLTEのインフラを使っての)家庭のAVシステムをも含むエンタテインメントセンターとも言える役割。さらにそのデザインやインターフェイスの現代性など高い評価を獲得する要素はたくさんある。しかしまず特筆すべきはその基本的な音の良さだ。率直に言ってこれに驚いた。ついにAVナビもここまで来たかと思わせられた。いや、ここまでの15年くらいのカーオーディオの流れを知っている方であればこう言った方が伝わるだろう。あのカロッツェリアのハイエンドカーオーディオ「χシリーズ」を伺わせるような音のキレやシャープさの片鱗が宿っている。実際、物理的な特性としてのダイナミックレンジの広さ、ノイズフロアの低さはχシリーズを凌駕しているのだろう。

 その一部を紹介すると、電子ボリュウムのプリアウト側出力にバッファー回路を設け、内蔵アンプとのアイソレーションを向上。結果として96kHz音源でのフロアノイズは-144dB。あれだけ良かったサイバーナビの2018年モデルとの比較でさえ-8dB、スピーカー出力としても-4dBの向上を果たしており、ここまで数字が大きいと実際に聴いても明確にその違いを体感することができる。もちろん2018モデルまでの基本的な回路構成や精度の高いパーツの採用があってのことだが、サーキットボードの一部変更を含んだ進化には目を瞠らせられる。これがあってのハイレゾ再生の優位性が出てくるのだし、さまざまな音源を自然で質感の高いハイレゾ音源相当で再生するマスターサウンドリバイブ機能だと思う。スマホにどう勝つか。その執念さえ感じる2019サイバーナビだ。

インターネット機能に驚くが、なにより音質が極めて高い
エミリー・ハリスの声が、聴き終えても耳から離れなかった

文=藤原陽祐

 NTTドコモが提供する車内向けインターネット接続サービス「docomo in Car Connect」に市販カーナビとして初めて対応した注目のモデル。LTEのデータ通信網の活用によりWi-Fiアクセスポイントを車内に作り上げるため、スマホ、PCのWi-Fi経由のインターネット接続が可能。同時に、自宅のBDレコーダーにHDD録画した映像コンテンツを再生したり、NASの音源を呼びだしたり、これまでの常識を超えた楽しみが拡がる。さらにAmazon Fire TV StickをHDMI接続すれば、「Amazon Prime Video」や「Amazon Prime Music」などの映像、音楽のストリーミングサービスまで、車内で楽しむことができるというのだから驚きだ。

 どうしてもネット関連の話題が先行してしまうが、このモデル、サウンドクォリティが極めて高い。まず内蔵パワーアンプのサウンドだが、声の質感の緻密さ、滑らかさといい、雄大に拡がる空間の静けさといい、その表現力の豊かさに驚かされる。前作もS/N感の良さ、には感心させられたが、今回はいっそう磨きがかかり、音そのものの鮮度の高さ、艶っぽさはこれまでのカーナビの常識を超えているとさえ感じさせる。

 プリアウトに外部パワーアンプ(PRS-D800)を接続しても、ストレスを感じさせない気持ちのいいドライブ感はそのまま引き継がれる。ビッグバンドの再生では駆動力の向上が実感できるが、重量感、押しの強さを強調することはなく、音の骨格を明確に描きながら、ベースが軽やかに躍動する。

 ギター、ピアノ、パーカッションと、各楽器のエネルギーをダイレクトに感じさせる生きのいいサウンドで、レスポンスが素早い。柔らかな響きがスムーズに拡がり、余韻が広い空間にしみ込むように消えていく感じが実に心地いい。

 そしてささやくように歌うエミリー・ハリスの声は、素朴で、潤いがある。解像感、レンジを無理に欲張らない穏やかな表現で、耳ざわりなエッジの強調は皆無。その場の気配、空気感をここまで生々しく描き出すとは。手を伸ばせば届きそうな彼女の声が、試聴後、しばらくの間、私の耳から離れなかった。

カロッツェリア carrozzeria
AV Navigation
AVIC-CQ910-DC/他、サイバーナビシリーズ
オープン価格

SPECIFICATION
AVIC-CQ910-DC
●AV一体型メモリーナビゲーション
●画面:9V型HD静電容量方式タッチパネル
●外形寸法:W236×H134×D161mm(本体)、W227×H127×D16mm(ノーズ部)
●重量:2.7kg
AVIC-CL910-DC
●AV一体型メモリーナビゲーション
●画面:8V型HD静電容量方式タッチパネル
●外形寸法:W200×H126×D165mm(本体)、W190×H121×D10mm(ノーズ部)
●重量:2.5kg
AVIC-CW910-DC
●AV一体型メモリーナビゲーション
●画面:7V型HD静電容量方式タッチパネル
●外形寸法:W206×H104×D161mm(本体)、W197×H97×D14mm(ノーズ部)
●重量:2.3kg
AVIC-CZ910-DC
●AV一体型メモリーナビゲーション
●画面:7V型HD静電容量方式タッチパネル
●外形寸法:W178×H100×D165mm(本体)、W171×H97×D10mm(ノーズ部)
●重量:2.3kg
ー以下共通ー
●内蔵パワーアンプ最大出力:50W×4
●プリアウト最大レベル:2.2V
●再生メディア(フォーマット):地上デジタルTV、DVDビデオ、CD、Bluetooth(Bluetooth4.2)、USB(USB2.0HighSpeed、マスストレージクラス・MTP、最大供給電流・1.5A、FAT16/FAT32、MP3/WMA/AAC/FLAC/WAV/DSD対応・最大PCM192kHz/32bit、DSD最大5.6MHz/1bit)、SD(class2/4/6/10、Ver.3.0、最大512GB対応、FAT16/FAT32/exFAT、MP3/WMA/AAC/FLAC/WAV/DSD対応・最大PCM192kHz/32bit、DSD最大5.6MHz/1bit)、ストリーミングビデオ、レコーダーアクセス(アプリDiXiM Play for carrozzeria経由)
●通信機能:docomo in Car Connect対応、アクセスポイントモード装備、オンライン自動地図更新、Smart Loop渋滞情報、MapFanコネクト対応
■DSP・スタンダードモード時
●デジタルイコライザー:13バンドグラフィックイコライザー(シンプルコントロール時±12dB<2dBステップ>全チャンネル共通)、31バンドグラフィックイコライザー(マスターコントロール時、±9dB<0.5dBステップ>フロント/リア/サブウーファー独立)
●スピーカーセッティング:‒24~+10dB(0.5dBステップ)・FL/FR/RL/RR/SW
●トゥイーターゲイン:‒6dB~+3dB(カロッツェリア推奨スピーカー/汎用スピーカー)
●ローパスフィルター:カットオフ周波数・25/31.5/40/50/63/80/100/125/160/200/250[Hz]、スロープ・‒6/‒12/‒18/‒24/‒30/‒36[dB/oct.]、位相・NORMAL/REVERSE
●ハイパスフィルター: カットオフ周波数・25/31.5/40/50/63/80/100/125/160/200/250[Hz]、スロープ・‒6/‒12/‒18/‒24[dB/oct.]
●タイムアライメント:<マスターコントロール>・0~490cm(0.35cmステップ)、<シンプルコントロール>・0~490cm(1.4cmステップ)
●AUTO EQ&TA:EQ.・F/R独立、TA・0cm~490cm(1.4cmステップ)
■DSP・ネットワークモード
●デジタルイコライザー:13バンドグラフィックイコライザー(シンプルコントロール時±12dB<2dBステップ>全チャンネル共通)、31バンドグラフィックイコライザー(マスターコントロール時、±9dB<0.5dBステップ>フロント/リア/サブウーファー独立)
●スピーカーセッティング:‒24~+10dB(0.5dBステップ)・FL/FR/RL/RR/SW
●デジタルフィルター
サブウーファーチャンネル(ローパスフィルター):カットオフ周波数・Flat/25/31.5/40/50/63/80/100/125/160/200/250[Hz]、スロープ・‒6/‒12/‒18/‒24/‒30/‒36[dB/oct.]、位相・NOMAL/REVERSE
MIDチャンネル:ローパスフィルターカットオフ周波数・0.63k/0.8k/1k/1.25k/1.6k/2k/2.5k/3.15k/4k/5k/6.3k/8k/10k/12.5k/16k[Hz]、ハイパスフィルターカットオフ周波数・Flat/25/31.5/40/50/63/80/100/125/160/200/250[Hz]、スロープ・‒6/‒12/‒18/‒24[dB/oct.]、位相・NOMAL/REVERSE
HIGHチャンネル(ハイパスフィルター):カットオフ周波数・0.63k/0.8k/1k/1.25k/1.6k/2k/2.5k/3.15k/4k/5k/6.3k/8k/10k/12.5k/16k[Hz]、スロープ・‒6/‒12/‒18/‒24[dB/oct.]、位相・NOMAL/REVERSE
●タイムアライメント:マスターコントロール・0~490cm(0.35cmステップ)、シンプルコントロール・0~490cm(1.4cmステップ)
●Wi-Fi:1~11ch対応、セキュリティ方式・OPEN/WEP/WPA(Personal)/WPA2(Personal)
●付属品:GPSアンテナ/地上デジタルTV放送専用フィルムアンテナ/ネットワークスティック/サイバーナビ専用スマートコマンダー(BLE)/音声認識用マイク/USB接続ケーブル/取付部品一式

■問合せ先
パイオニア カスタマーサポートセンター
電話番号:0120-944-111 (固定電話からフリーダイヤル)/0570-037-600 (携帯電話・PHSからナビダイヤル)/050-3820-7540 (上記電話番号利用不可の場合)
受付時間:9:30~18:00(月曜~金曜)
Eメール:サイトメール

≫AutoSound Web Grand Prix 2019受賞製品一覧

This article is a sponsored article by
''.