香港とロスアンジェルスに拠点を置くルーミンから、興味深いネットワークオーディオ機器「LUMIN P1」が登場した。

 同社はフラッグシップ・ネットワークプレーヤーの「LUMINX1」を頂点に、近年ラインナップを充実させている。つい最近もネットワークプレーヤーとプリメインアンプを合体させた「M1」(¥198,000、シルバー、税込)を発表、その洗練された使い勝手と音のよさに感心させられ、こういう製品がこれからの本格オーディオの入門機として重宝されることになるのだろうと確信した。

HDMI対応プリアンプ機能付きストリーマーDAC
LUMIN P1 ¥1,540,000(税込、シルバー)、¥1,694,000(税込、ブラック)

画像1: 「LUMIN P1」&「LUMIN AMP」はホームオーディオの音質を格段に向上させる。コンパクトで美しいデザインで、ネットワークからHDMI機器まで高品位に楽しませてくれた

●対応信号:最大PCM 384kHz/32ビット、DSD256(22.6MHz)/1ビット、MQAフルデコーディング
●対応フォーマット:DSD(DSF、DIFF、DoP)、FLAC、Apple Lossless (ALAC)、WAV、AIFF、MP3、AAC、MQA
●接続端子:HDMI入力×3、HDMI出力×1、USB Type-B×1、USBType-A×1、デジタル音声入力×3(AES、同軸、光)、デジタル音声出力×1(BNC)、アナログ入力×2(XLR、RCA)、アナログ音声出力×2(XLR、RCA)、光LAN端子(SFP)、LAN端子(RJ45)
●デジタル入力対応フォーマット:
 USB=PCM44.1〜384kHz/16〜32ビット、DSD128
 AES/OPTICAL/SPDIF=PCM 44.1〜192kHz/16〜24ビット、DSD64
 HDMI=4K映像、PCM 2ch
●デジタル出力対応フォーマット:
 USB=PCM44.1〜384kHz/16〜32ビット、DSD512
 同軸(BNC)=PCM 44.1〜192kHz/16〜24ビット、DSD64
 HDMI=4Kパススルー、PCM 2ch、ARCサポート
●特徴:TIDAL/MQA/Qobuz/AirPlay/TuneInRadioネイティブ対応(LUMIN App)、すべてのファイルでDSD128及びPCM384kHzアップサンプリングに対応、Leedh Processingロスレスデジタルボリュームコントロール、他
●寸法/質量:W350×H107×D380mm /12kg

画像: 3系統のHDMI入力と1系統のHDMI出力を含め、豊富な接続端子を搭載。プリアンプとしてはもちろん、ネットワークプレーヤー/USB DACとしての活用も可能

3系統のHDMI入力と1系統のHDMI出力を含め、豊富な接続端子を搭載。プリアンプとしてはもちろん、ネットワークプレーヤー/USB DACとしての活用も可能

 今般発表されたP1は、ネットワークプレーヤー機能を内蔵したHDMI端子付き高級プリアンプという時宜を得た製品。NASなどローカル・ネットワークにあるデジタルファイルの再生はもちろん、定額制高音質音楽ストリーミングサービスの「TIDAL」や「Qubuz」に対応し、HDMI端子を用いてテレビとつなぐこともできる。まさにホームオーディオ&AVの超高品質な司令塔として期待できるプロダクトなのである。

 機能面についてもう少し触れておこう。入力はデジタルがUSB、AES/EBU、同軸、光が各1系統でHDMIが3 系統、アナログがRCAアンバランス、XLRバランス各1系統(アナログ入力は内部で192kHz/24ビットにA/D変換される)。LAN端子を用いるネットワーク再生時は384kHz/32ビットPCM、DSD 22.6MHzまで対応し、MQAのフルデコード機能を備える。USB 入力時は384kHz/32ビットPCM、DSD 11.2MHz(DoP再生)までのサポートとなる。LAN端子は光LAN接続に対応するSFP端子と通常のRJ45端子を用意し、同時使用が可能だ。

 DAC素子はESSテクノロジー社の「ES9028Pro」。このチップを2個用いてモノモードで使用、S/Nの向上を図っている。また、FPGA(プログラム可能な大規模集積素子)による高性能なクロックシステムによって、デジタル音声データを読み出す基準を安定化させている点についても注目しておきたい。

 アナログ出力段はフルバランス構成。出力端子にルンダール社のトランスを充てているのも興味深い。電源は2基のトロイダルトランスを積んだアナログ・リニア回路で、トランスはデジタル/アナログ用にそれぞれ1基を充てる構成だ。

画像: ボリュウム調整等は付属の赤外線リモコンで可能。上側のテンキー(1〜10)で入力信号を選択できる

ボリュウム調整等は付属の赤外線リモコンで可能。上側のテンキー(1〜10)で入力信号を選択できる

 フロントパネルを斜めにスラントさせたルーミンらしいアルマイト処理のアルミ筐体にはヘアライン処理が施され、そのブラックフェイスはなんともいい雰囲気。横幅350mmのコンパクトな製品だが、凝縮感があってじつに精悍だ。

 ここでは同時発表されたデュアル・モノ構成のステレオ・パワーアンプ「LUMIN AMP」と組み合わせて試聴した(XLRバランス接続)。LUMIN AMPはP1とデザインが見事に揃う横幅350mmのチャーミングなアンプだが、これまた大型トロイダル・トランスを積んだアナログ・リニア電源回路を採用する本格派。輸入元の話では、このパワーアンプはStereoSound ONLINEでレビュー記事を何度か書いた、英国ウェストミンスターラボの協力を得て開発されたものだという。

 では、試聴インプレッションに移ることにしよう。使用したスピーカーは、15インチウーファーと4インチコンプレッションドライバーを搭載した本格スピーカーのJBL「K2 S9900」だ。

 ところで、今回のテストではSFP端子を備えたSOtM(ソム)のネットワークスイッチ「sNH-10G」を用いた。P1とのネットワーク接続に、RJ45端子を用いる通常のLAN接続とSFP端子を用いた光LAN接続の比較が可能になるからだ。

 実際にその両接続を比較してみたところ、サウンドステージのスムースな広がりやローレベルの精妙な表現で光LAN接続の優位性が認められた。光絶縁することで通信時のノイズが抑えられ、グラウンドが安定するからだろうか。以後この光LAN接続で試聴を続けることにする。

デュアルモノーラル・ディスクリートパワーアンプ
LUMIN AMP ¥1,650,000(税込、シルバー)、¥1,815,000(税込、ブラック)

画像2: 「LUMIN P1」&「LUMIN AMP」はホームオーディオの音質を格段に向上させる。コンパクトで美しいデザインで、ネットワークからHDMI機器まで高品位に楽しませてくれた

●出力:160W×2(8Ω)、320W×2(4Ω)、640W(8Ω、ブリッジ)
●接続端子:アナログ入力2系統(RCA、XLR、選択式)
●再生周波数帯域:20Hz〜40kHz(±0.1dB)
●S/N:103dB
●入力インピーダンス:200kΩ(XLR)、100kΩ(RCA)
●出力インピーダンス:0.1Ω
●電力消費:最大700W(スタンバイ時0.5W以下)
●寸法/質量:W350×H104×D374mm/19kg

画像: アナログ入力はXLRバランスとRCAアンバランスを装備し、リアパネル中央のスイッチで切り替える。XLR端子は2番HOTだ

アナログ入力はXLRバランスとRCAアンバランスを装備し、リアパネル中央のスイッチで切り替える。XLR端子は2番HOTだ

 では、iPadにインストールした「LUMIN App」アプリを用いて、デラのNASに収めたハイレゾファイルを聴いていこう。1970年代の東ベルリン、テルデックスタジオで収録された『アメイジング・デュオ』(192kHz/24ビット/FLAC)をまず演奏してみたが、そのひじょうにクリアーでクリーンなサウンドに耳を奪われた。チェロとコントラバスの音像がまったくにじむことなく、シャープに結像するイメージが得られるのである。木製の床、壁が使われたスタジオの豊かな響きの再現もすばらしい。

 1958年にロスアンジェルスのキャピトル・タワー/ビッグルーム・スタジオで録音されたナット・キング・コールの『ザ・ベリー・ソート・オブ・ユー』(192kHz/24ビット/FLAC)から「バット・ビューティフル」を。ゴージャスなフルオーケストラをバックにコールが深々と響く美声を聴かせるトラックだが、ゴードン・ジェンキンスが指揮するオーケストラがスピーカーの周囲をぐるりと取り囲み、眼前にコールのヴォーカルがシャープに結像する生々しいステレオフォニック効果が味わえた。

 ビロードの柔らかな手触りと美しい光沢を思わせるストリングスの甘やかな響き、ナットの艶やかなヴォーカルにテストを忘れ、うっとりと聞き惚れた次第。しかし、これが64年前の録音とはとても信じられない。アナログ録音黄金期の作品を良質なマスタリングで仕上げたハイレゾファイルの存在意義を改めて実感させられると同時に、P1&LUMIN AMPの実力の高さに感服させられた。

 このあと昨年大ヒットしたシルクソニックの「LeaveThe Door Open」を音楽ストリーミングサービスのTIDALで聴いてみた(MQA 96kHz/24ビット)。70年代のスウィート・ソウルを思わせる甘美な楽曲で、ぼく自身大好きなトラックなのだが、コールの「バット・ビューティフル」と比較すると、ステレオフォニックな音の広がりやダイナミズム、音色の美しさで大きく劣ることに気づいてガクゼンとした。この60余年のポップ・ミュージックの録音の歴史は、クォリティ面では退化以外の何ものでもなかったのか……。

その他の主な試聴機器

画像: ●プロジェクター:ビクターDLA-V9R ●ディスプレイ:東芝48X9400S ●UHDブルーレイプレーヤー:パナソニックDP-UB9000 ●ネットワークスイッチ:SOtM sNH-10G

●プロジェクター:ビクターDLA-V9R
●ディスプレイ:東芝48X9400S
●UHDブルーレイプレーヤー:パナソニックDP-UB9000
●ネットワークスイッチ:SOtM sNH-10G

画像: P1は光LANとRJ45端子という2系統のLAN端子を備えている。今回は比較視聴の結果、SOtMのネットワークスイッチとP1を光ケーブルでつなぎ、RJ45端子にDELAのNASを直結してハイレゾファイルを再生した

P1は光LANとRJ45端子という2系統のLAN端子を備えている。今回は比較視聴の結果、SOtMのネットワークスイッチとP1を光ケーブルでつなぎ、RJ45端子にDELAのNASを直結してハイレゾファイルを再生した

 気を取り直して、DSD 11.2MHzの望月慎一郎のピアノ・トリオ作品から「ZEN」を聴いてみる。シンバル・レガートの音の粒子が試聴室をみっちりと満たし、どこまでも飛翔していくイメージが得られる。ピアノの打鍵の強さ、力感に満ちたベースのフレッシュな響きにも息をのんだ。DSD 11.2MHzならではの生々しいサウンドステージに触れ、P1&LUMIN AMPのコンビネーションによって、ルーミンは新たなハイエンドオーディオの境地を獲得したのかもしれないと思った。

 P1背面のUSBType-A端子に、愛聴曲のファイルを収めたUSBメモリーを挿して再生してみたが、安定感に満ちた演奏ぶり。また、TIDALのストリーミング再生も同様に快適なサウンドだった。選曲から再生までLUMIN Appの使い勝手もすこぶるよい印象だ。

 P1とパナソニックのUHDブルーレイプレーヤー「DP-UB9000」をHDMI接続、JVCのプロジェクター「DLA-V9R」の映像を120インチスクリーンに投写して、エリック・クラプトンのUHDブルーレイ『ザ・レイディ・イン・ザ・バルコニー/ロックダウン・セッションズ』を観てみた。

 英国サセックス州の大邸宅の広間に集められた腕利きミュージシャンをバックに、クラプトンがふるいブルーズやお馴染みのオリジナル曲を気持よさそうに歌っている様子がこのUHDブルーレイに収められている。

 3種類の音声ストリームからリニアPCM(48kHz/16ビット)2chを選んで、P1&LUMIN AMPで再生してみたが、これがもう最高のサウンド。120インチスクリーンに映し出された2次平面上のクラプトンがほんとうに歌っている、弾いているというリアルな実感が得られるのである。P1のHDMI入力時のクォリティの高さに大いに驚かされた次第だ。

画像: P1のARC対応HDMI出力をレグザ48X9400Sにつないで、BS4K放送の音を確認した。なおP1は放送用のAAC圧縮信号には非対応なので、テレビ側の音声出力をリニアPCMに設定しておくこと

P1のARC対応HDMI出力をレグザ48X9400Sにつないで、BS4K放送の音を確認した。なおP1は放送用のAAC圧縮信号には非対応なので、テレビ側の音声出力をリニアPCMに設定しておくこと

 最後に、P1のARC(Audio Return Channel)対応HDMI端子を、東芝REGZAの有機ELテレビ「48X9400S」と接続してBS4K放送などを観てみたが、その音のすばらしさにも驚愕した。テレビ内蔵スピーカーとK2 S9900を比較するのもナンセンスだが、一度P1&LUMIN AMPで外部スピーカーを鳴らした音を聴いた方は、もう二度とテレビ内蔵スピーカーを使う気など起きなくなるだろう。

 P1のHDMI端子を活用してみて少し残念に思ったのは、制御信号をやり取りするCEC(Consumer Electronics Control)に対応していないことで、テレビのリモコンでP1の音量を上げ下げすることができなかった。オーディオ&AV機器の操作に不慣れな家族にはLUMIN Appに慣れてもらうのがいちばんだと思う(LUMIN AppはiPadだけでなく、iPhoneやAndroid等のスマートフォンでも使用可能)。

 リビングルーム映えするコンパクトな美しいデザインのP1&LUMIN AMP。最先端ネットワークオーディオが超高音質で楽しめ、AV機器とのスムースなドッキングが可能なこのペアが、多くのオーディオファイルから熱い注目を集め、話題沸騰となる日はそう遠くないだろう。

画像3: 「LUMIN P1」&「LUMIN AMP」はホームオーディオの音質を格段に向上させる。コンパクトで美しいデザインで、ネットワークからHDMI機器まで高品位に楽しませてくれた

This article is a sponsored article by
''.