画像1: 開店50周年記念別冊「ジャズ喫茶ベイシー読本 BASIE 50th Anniversary」5月28日発売!

ジャズ喫茶ベイシー読本 BASIE 50th Anniversary 5月28日発売

 今年、開店50周年を迎えた岩手県一関市にあるジャズ喫茶「ベイシー」。オーディオマニアの心情である“レコードを演奏する”という言葉の通り、店主の菅原正二氏は、店内に据え付けられたアメリカJBL社黄金期の最高級スピーカーユニットを中心とする大規模なオーディオ装置を駆使して、LPレコードから生きた音楽を蘇らせることに情熱を注ぎ続けている。開店当時からその音の凄さは話題であり、いまでは、その音を聴きに世界中から客が集う。そして、 “世界一音のいいジャズ喫茶”と呼ばれるようになってひさしい。
 本書は、そんな「ベイシー」の開店50周年を記念して作られた特集本。店内や店主を撮り下ろした数多くの写真、「ベイシー」の歴史や店主の人物像を追ったロングインタビュー、「ベイシー」のオーディオ装置解説、そして「ベイシー」で頻繁にかかるレコードのジャケット紹介で構成され、常連の「ベイシー」マニアにはもちろんこと、2020年公開予定の映画『ジャズ喫茶ベイシー Swiftyの譚詩』をご覧になって、「ベイシー」に興味を持ったベイシー初心者にもガイドブックとして活用いただけるような一冊となっています。

画像: ジャズ喫茶ベイシー読本 BASIE 50th Anniversary 5月28日発売

コンテンツ一覧

・フォトギャラリー「A Day Jazz Spot BASIE」
・ベイシー・サウンドの秘密
・ジャズ喫茶「ベイシー」物語
・恩人たち(野口久光さん、カウント・ベイシーさん……のこと)
・店主ゆかりの方々、「ベイシー」そして「Swifty」を語る
・「ベイシー」のレコード紹介
・店主 菅原正二・ロングインタビュー
・復刻掲載(ステレオサウンド誌掲載過去記事より)
・映画『ジャズ喫茶ベイシー Swiftyの譚詩』のこと

・フォトギャラリー「A Day Jazz Spot BASIE」

画像1: ・フォトギャラリー「A Day Jazz Spot BASIE」
画像2: ・フォトギャラリー「A Day Jazz Spot BASIE」
画像: 空気まで写すと評される往年のライカやコンタレックスのヴィンテージ・レンズをふんだんに使用して、「ベイシー」の店内外や「店主」を撮り下ろし。30ページ以上のカラー写真により、開店から50年を経た「ベイシー」の“現在”をお伝えします。

空気まで写すと評される往年のライカやコンタレックスのヴィンテージ・レンズをふんだんに使用して、「ベイシー」の店内外や「店主」を撮り下ろし。30ページ以上のカラー写真により、開店から50年を経た「ベイシー」の“現在”をお伝えします。

・ベイシー・サウンドの秘密

画像: ・ベイシー・サウンドの秘密

こちらも撮り下ろし写真と入魂の書き下ろし原稿により、「世界一音がいいジャズ喫茶」と呼ばれる「ベイシー」の音の秘密に迫ります。これほど自由に撮影が許された機会はまずありません。詳細な解説文ともどもくれぐれも貴重な写真をお見逃しなく!

・ジャズ喫茶「ベイシー」物語

画像2: 開店50周年記念別冊「ジャズ喫茶ベイシー読本 BASIE 50th Anniversary」5月28日発売!
画像3: 開店50周年記念別冊「ジャズ喫茶ベイシー読本 BASIE 50th Anniversary」5月28日発売!

50年の軌跡を店主の文章から追いかけた、黛 健司執筆の「ベイシー物語」では、なんと1983年に店主が描いたスケッチ(移転改装時の設計図)を掲載。現在の店内の姿と照らし合わせると、「ベイシー」がいかに店主の考え通りに出来上がっているかが、よくご理解いただけることでしょう。

・店主ゆかりの方々、「ベイシー」そして「Swifty」を語る

画像: ・店主ゆかりの方々、「ベイシー」そして「Swifty」を語る

「ベイシー」および「店主」の近しい皆さんからコメントを寄せていただきました。その数、国内外から総勢30名以上。渡辺貞夫さん、坂田明さん、タモリさんなど、以前から交友が知られている皆さんはもちろんのこと、近しい人たちだけに知らされていた方など、日頃、「ベイシー」を支えてくださっている皆さんからのあたたかいコメントです。必読!

《本書にコメントを寄せていただいた方々》
クラレンス・バンクスさん(カウント・ベイシー楽団メンバー)、グレッグ・ティンバースさん(元JBLエンジニア)、坂田明さん(ミュージシャン)、島地勝彦さん(作家、バーマン)、十文字美信さん(写真家)、鈴木京香さん(女優)、高平哲郎さん(編集者、演出家)、タモリさん、野口久和さん(ミュージシャン)、ブッチ・マイルスさん(カウント・ベイシー楽団OB)、ポール・ベンテさん(元JBL社長)、星野哲也さん(映画監督)、村松友視さん(作家)、吉井和哉さん(ミュージシャン)、渡辺貞夫さん(ミュージシャン)……等々、書ききれないほど多くの皆さん

・「ベイシー」のレコード紹介

画像: ・「ベイシー」のレコード紹介

数万枚という所蔵数の中から、営業時間内によく再生されるレコードを泣く泣く200枚近くに厳選し、そのジャケット写真をご紹介。レコード棚から取り出した現物の写真ゆえ、その状態から50年という年月の長さをご想像ください。

菅原正二さんプロフィール

ジャズ喫茶「ベイシー」店主:菅原“Swifty”正二
1942年岩手県生まれ。早稲田大学在学中、「ハイソサエティー・オーケストラ」のバンド・マスター、ドラマーとして活動、TBSラジオ主催の「全国大学対抗バンド合戦」で3年連続全国優勝。1967年には、ビッグバンドとして日本初の米国ツアーを敢行した。「チャーリー石黒と東京パンチョス」のドラマーを務めたのち、1970年、郷里の一関に戻り、ジャズ喫茶「ベイシー」を開店。ジャズ・オーディオに独自のスタイルを確立し、幾多のジャズ・ジャイアンツやさまざまなジャンルの人物が世界中から「ベイシー」に集う。「Swifty(スウィフティー)」というニックネームは親交の深かった故カウント・ベイシーに命名されたもの。書籍、新聞、雑誌などへの寄稿が多数あり、著書に『ジャズ喫茶「ベイシー」の選択~ぼくとジムランの酒とバラの日々』(講談社)、『聴く鏡一九九四-二〇〇〇』『聴く鏡Ⅱ 二〇〇六-二〇一四』(ステレオサウンド社)がある。

書籍情報

タイトル:ジャズ喫茶ベイシー読本 BASIE 50th Anniversary
編著者:ステレオサウンド編集部 編
本体:2,700円+税(2,970円 税込)
判型:B5判/右開き/タテ組
発売日:2020年5月28日

ご予約・ご注文は全国の書店、またはステレオサウンドストアでも承っております。

This article is a sponsored article by
''.