先ごろ、ソウルノートのSACD/CDプレーヤーS-3をフィーチャーし、たくさんのお客様で賑わったアコースティックラボのイベント。その2月開催分の詳細が明らかになったのでご案内しよう。

画像: アコースティックラボ 蔵前ショールーム 防音・音響建築工事を専門とし、オーディオルームやホームシアター、あるいは音楽の練習室など、いい音のための空間をつくるプロフェッショナルとして、日本中に広く知られている会社。イベントの会場となるのは、その本拠地として同社の持てる技術やノウハウがふんだんに盛り込まれた空間だ。 www.acoustic-designsys.com

アコースティックラボ 蔵前ショールーム

防音・音響建築工事を専門とし、オーディオルームやホームシアター、あるいは音楽の練習室など、いい音のための空間をつくるプロフェッショナルとして、日本中に広く知られている会社。イベントの会場となるのは、その本拠地として同社の持てる技術やノウハウがふんだんに盛り込まれた空間だ。
www.acoustic-designsys.com

まず日程と場所。今月末の2月28日(金)と29日(土)の2日間開、東京・蔵前にある、おなじみのアコースティックラボ・ショールームが会場となっている。

EVENT DATA
■開催日時
2月28日(金) 18時~20時
・17時開場、18時までは自由試聴時間)
2月29日(土) 13時~15時
・10時~12時 オーディオルーム個別相談会
・12時~13時 自由試聴時間 ※CDもしくはファイル音源のみ
・15時~17時 オーディオルーム個別相談会
※個別相談会に関してご希望の方は、申込フォーム備考欄にご記入、もしくは電話にて事前にご予約ください。
■会場
・アコースティックラボ 蔵前ショールーム
住所:東京都台東区柳橋2-19-10 第二東商センター2号館 B棟1F
・アクセスマップ https://www.acoustic-eng.co.jp/company/kuramae/
■お問い合わせ先
・TEL:03-5829-6035
・MAIL:kusakai@acoustic-labo.com
・担当者:草階(くさかい)様
申込みフォームは、↓こちらをクリック
https://acaudio.jp/?p=2763

N2 factoryのTT-10Rに、テクニクス SP-10RとIKEDA SOUND Labs.のトーンアームを組み合せた状態。当日は、DSAUDIOの光カートリッジを組み合せる予定。

www.stereosound-store.jp

イベント当日使われるDS-W2 光カートリッジ 税別400,000円

www.ds-audio.biz

トーンアームはIKEDA Sound Labs. IT-407SS 税別1,250,000円

www.kaji-lab.co.jp

今回のテーマは「家人に気兼ねしなければならない深夜オーディオの悩ましさに困っている方の防音対策」で、前半は、アコースティックラボ代表取締役の鈴木 泰之氏による講演が行なわれる予定。
後半は、サブテーマを設けて実施される試聴会となっており、今回はアナログレコードをじっくりとお楽しみいただく予定とのこと。注目されるのは、ここで使われるアナログレコードプレーヤーシステムで、テクニクスのダイレクトドライブ方式ターンテーブルSP-10Rと、DS AUDIOの光カートリッジDS-W2が組み合されるという。いずれも注目のオーディオコンポーネントとして、広く話題を集めているモデルであり、この組合せで奏でられる音楽がいったいどんなものなのか、オーディオ愛好家なら一度は聴いてみたいと思うに違いない。また、SP-10Rを支えるキャビネットとしてN2 factoryのアルミプレシジョンモデルTT-10Rが、カートリッジのパフォーマンスを最大限引き出すためにIKEDA Sound Labs.の最新ハイエンドトーンアーム IT-407SSが用意される点も注目ポイント。この構成ではまだ1度も音を出したことはなく、いわば本邦初公開のサウンド。当日は、DS AUDIO、IKEDA Sound Labs. N2 factory各ブランドの製品担当者も会場に詰めているとのことなので、こだわりの開発ストーリー聞くことができるかもしれない。

お聴きいただくアナログレコードは、ステレオサウンドで制作している限定盤で、現在制作中の作品や、すでに廃盤となってしまっているタイトルなど、このイベントでしか聴けないラインナップが取り揃えられるとのこと。もちろん、会場ではステレオサウンドのレコード即売会も実施されるので、一般のレコードショップには並ばない貴重なレコードをじっくり手に取ってお求めいただくことが可能となっている。クレジットカードやPayPayでの支払いもOKなので、ぜひともお気軽にお越しいただきたい。会場でみなさまのお越しをお待ちしている。

This article is a sponsored article by
''.