ドキュメンタリー作『クレイジー・フォー・マウンテン』、7/21(土)より公開

 世界の名峰に挑む登山家・アスリート達を迫った壮大なドキュメンタリー『クレイジー・フォー・マウンテン』が7/21(土)より新宿武蔵野館・シネクイントほか全国順次公開致します。本作の公開を記念し、下記の通り、世界最年長エベレスト登頂記録を持つ冒険家でプロスキーヤーの三浦雄一郎さん(85歳)と世界で活躍するプロクライマーの大場美和さん(20歳)をゲストにお招きしたトークイベント付き特別試写会を執り行ないました。

 来週末21日に公開する映画『クレイジー・フォー・マウンテン』の公開を記念したトークイベント付きの特別試写会が、10日、都内にて行なわれ、ゲストに冒険家でプロスキーヤーの三浦雄一郎さんとプロクライマーの大場美和さんが登壇。大きな拍手で迎えられる中、現在85歳で世界最年長エベレスト登頂記録を持つ三浦さんと美しすぎるプロクライマーとしてテレビやCMを含め、世界で活躍する20歳の大場さんがにこやかに挨拶し、イベントはスタートした。

 5大陸の難関峰への登頂をはじめ、山を舞台とした様々なエクストリーム・スポーツに挑む登山家・アスリート達を映し出している本作。長年スキーや登山の世界で活躍する三浦さんは、とくに印象に残ったシーンを聞かれると「やっぱりエベレスト!」と即答し、「エベレストは歩いて宇宙に近づいている感覚が味わえる」と自身にとっても特別な場所であることを明かした。

 一方、9歳からスポーツクライミングを始め、現在は自然の岩を登っているという大場さんは「アスリートたちによる命がけでしか得られない体験がスクリーンを通して観客も味わえる贅沢な映画」と本作を絶賛。それを受けて三浦さんも「小さな画面で観るのはもったいない映画。大きなスクリーンと素晴らしいサウンドを味わうために公開したら真っ先に劇場へ行こうと思った」と話した。

 本作が投げかける「人は何故山に登るのか」という問いについて、三浦さんは「自分に対する好奇心ですね」、大場さんも「限界に挑戦することが面白いから」と持論を唱え、「死と隣り合わせなこともあるが、嫌ならやらなきゃいい!」と笑顔を見せた。

 本作を手がけたジェニファー・ピードン監督は登山家であり、山岳ドキュメンタリー監督としてはとてもめずらしい女性監督。音楽の使い方や映像にも女性ならではの目線が映し出されているのも印象的だ。そんな本作について、大場さんもプロクライマーとして「実際に登る時は、指の場所が数ミリ違ったり足の向きを間違うだけで登れるところが登れなかったりする」と実は繊細に考えながらクライミングしているそうで「気持ちを落ち着けるのに音楽を聴いたりもします」と話した。

 本日7月10日が“富士山の山開きの日”であったことから、一般の方に向けて「自然を絶対に傷つけないで!」(大場)、「想定外のこともあるのが山。ことわざの“年寄り半日仕事”をモットーにしたことでエベレストにも登れた。余裕を持ちゆっくり挑みましょう」(三浦)とメッセージ送り、イベントを締めくくった。

映画『クレイジー・フォー・マウンテン』

7月21日(土)新宿武蔵野館・シネクイントほか全国順次公開
製作・監督:ジェニファー・ピードン
音楽:リチャード・トネッティ
撮影:レナン・オズターク
ナレーション:ウィレム・デフォー
後援:オーストラリア大使館
協力:The North Face
配給:アンプラグド
2017年/オーストラリア/英語/74分/カラー/5.1ch/シネスコ
公式サイト: http://crazy4mountain.com
(C)2017 Stranger Than Fiction Films Pty Ltd and Australian Chamber Orchestra Pty Ltd

This article is a sponsored article by
''.