セクシー番長こと、グラビアアイドル小田飛鳥のセカンド写真集「聖域」の発売を記念したイベントが、秋葉原のソフマップ(1)サブカル・モバイル館にて行なわれた。

 今回のコンセプトは「ファーストよりもリアルさを追求する」というものだそうで、本人曰く「ずばり、会社の上司との内密な温泉旅行です。お互いの聖域を開いて……という展開で、背徳感や、これって現実かもという雰囲気を味わってほしい」と説明していた。

 仕上がりはヘアヌード写真集であり「実は、デビューしたときからずっと(全部)出したいって思っていたんです。それがようやく叶いました」と、会見では嬉しそうにコメント。アンダーは普段(DVDは)剃ってしまうそうだが、本作では「見せるために、丹精に生やしてきたので、じっくりと確認してほしい」。また、「胸が大きい(Iカップ)ので、ずっと乳輪が大きいだろうってネットで書かれてきたんですけど、実は乳首周りには自信があるんです。それがようやく見てもらえるようになって、中にはアップのカットもあるので、アンダーと合わせてじっくりと見てください」とアピールしていた。

 ちなみに、ヌード自体の撮影には多少の恥ずかしさはあったそうだが「日常のリアルを追求した仕上がりは、狙い通りに出来すぎてしまって、普段のDVDではとは違って(役を演じている)、小田飛鳥本人が見えてしまっているようで、(素が見えることは)エロより恥ずかしかったです」とか。

 お気に入りは、胸が大きくあいた黒のドレスカットで、「こういう衣装って、ボンキュボンっ的なボディラインがないと似合わないと思うんです。自分で言うのもなんですが、そこには自信があるので、ドレスを着こなしているところを見てほしいなって思います」と語っていた。

 7月、8月には28、29枚目のイメージDVDも発売予定で、自身の年齢超えの枚数を実現。「(DVDの枚数で)ギネスを狙っているので、あとウン十枚。みなさんの体力を奪いすぎないように、頑張りたいです」。そして、女優業にも意欲を見せ、「昨年はセミ濡れ場を披露したので、次は、完璧な濡れ場を披露したいです。トップを出して獣のように乱れるシーンをぜひ、演じたいです。頑張ります」と意気込んでいた。

写真集「小田飛鳥 聖域」
3000円+税(光文社)

■関連リンク
小田飛鳥
ソフマップ

This article is a sponsored article by
''.